フェラーリが2040年のスーパーカーをテーマに、学生向けのデザイン・コンテストを開催!
Related Gallery:Ferrari Top Design School Challenge 2015

2040年のフェラーリを想像して、そのデザインを競い合う学生向けコンテスト「フェラーリ・トップ・デザイン・スクール・チャレンジ」には、世界中から選抜された50の学校が参加し、その中から勝ち残った4校が最終審査に挑むことになった。

ファイナリストに選ばれたのは、米国デトロイトのカレッジ・フォー・クリエーティブ・スタディーズ 、韓国の弘益大学校、ドイツのプフォルツハイム大学、そしてフランスのルビカ高等デザイン専門学校。各校は、昨年10月からおよそ1年間かけて3つのデザインを作り上げ、合計12のデザインが最終審査に残った。今回ご紹介するギャラリーでは、その12作品を様々な角度からご覧いただける。現実的なものから空想的なものまで、多くのデザインはフェラーリを象徴する赤いボディーだが、なかには黒、シルバー、白をまとったものもある。

今回のコンペでは2作品に賞が授与される。「グラン・プレミオ」を選考する審査員にはセバスチャン・ベッテルパオロ・ピニンファリーナをはじめ、英国のポップグループ「ジャミロクワイ」のフロントマンでスーパーカー・マニアとして知られるジェイ・ケイ、英国のプログレッシブ・ロックバンド「ピンク・フロイド」のドラマーでありクラシックカーのエンスージァストとしても有名なニック・メイソンらが名を連ねる。もう1つは、一般からの投票によって選ばれる「プレミオ・スペチアーレ(特別賞)となる。皆さんも対象作品をチェックして、専用のFacebookページから投票してはいかがだろうか。受賞結果の発表は年明け1月15日だ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー