ドイツ、警察仕様のシボレー「コルベット」で安全な合法チューニングをPR!
Related Gallery:Chevrolet Corvette for Tune It Safe

安全で合法なチューニングを推進するため、ドイツ政府とVDAT(ドイツチューニングカー協会)は、合同で"Tune It! Safe!(安全なチューニングを!)"というキャンペーンを展開している。つまり、今回エッセン・モーターショーに登場したパトカー仕様のシボレー「コルベット」(写真)も、こんなに車高が低くてこんなマフラーが装着されていても、完全に合法なのだろう。このキャンペーンでは、過去にもメルセデス・ベンツ「CLS」をベースとした「ブラバス ロケット」やACシュニッツァーがチューンしたBMW「123d」に、警察車両のラッピングを施したモデルが造られている。

今回、ドイツのチューニング・メーカーであるTikt Performance社が手掛けたこのコルベットは、フロントリップスポイラーやサイドシル、リアスポイラー、そして控えめなホイールフレアに至るまで、すべてカーボンファイバー製のボディキットを装着している。フロント19インチ、リア20インチの鍛造ホイールには、ハンコック製「Ventus S1 evo2」タイヤを採用。さらに、コルベットを正式な警察車両に変身させるため、ヘラ製のフラッシュライトをルーフに搭載し、青と白の"Polizei(警察)"カラーで仕上げた。

ちなみにパワーユニットはノーマルのままで、6.2リッターV8エンジンが最高出力460ps、最大トルク64.2kgmを発揮。トランスミッションは7速マニュアルだ。パフォーマンス面は市販モデルと変わらないわけだが、それでも実際にこのコルベットが、ライトを光らせながら疾走していたら、追い抜けるクルマは少ないだろう。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー