日本グッドイヤー株式会社(以下、日本グッドイヤー)は、12月8日、金原雄次郎氏を代表取締役社長に任命したことを発表した。

金原 雄次郎(カナハラ ユウジロウ)氏
1953年生まれ62歳

金原氏は、タイヤ業界において36年間のキャリアを有し、日本及び世界中の主要な市場で経営幹部としてリーダーシップの役割を担ってきた。

グッドイヤー・アジアパシフィックリージョン社長のダン・スミッカ氏は次のように述べている。

「日本グッドイヤーの新たなスタートにあたり、重要なリーダーシップを担うことになる金原さんを仲間として迎えることを大変嬉しく思います。彼のタイヤ業界での深い経験と頑固な信頼を構築してきたその実績は、世界の主要な自動車市場の一つである日本で、私たちが成長のチャンスをつかむために非常に役立つことでしょう。」

10月の住友ゴム工業とのアライアンス解消以降、経営移行を円滑に執り行う立場として社長の任務に就いていたダイル・ブラッキン氏だが、この度、金原氏にその任を引き継ぐことになったという。


新たに社長に就任した金原氏は次のように述べた。

「グッドイヤーの仲間になることに胸が踊るような気持ちです。この重要な時期にグッドイヤーの日本のビジネスを率いていくことになったことは私にとって光栄です。グッドイヤーは、象徴的なブランドアイコン、業界最先端の技術、及び63年間に及ぶ日本での実績を持つ素晴らしい会社です。これらの要素が、今後日本においてブランド構築に投資し、幅広い製品を提供していくための強固な基盤をもたらしてくれます。」


日本グッドイヤー株式会社は1952年に設立。
国内生産と海外工場からの輸入により、グッドイヤーブランドのタイヤを補修用及び新車用市場で提供している。
また関連会社である日本ジャイアントタイヤ株式会社は、兵庫県たつの市の工場で建設車両用タイヤ(OTR)を製造している。
グッドイヤーはまた、国内で航空機用タイヤ事業も行っている。


■日本グッドイヤー株式会社 公式サイト
http://www.goodyear.co.jp/index.php