フォーミュラEのサポート・イベントとして、2016年から無人の自動運転車による「ロボレース」を開催
ドライバー不在のモータースポーツが新たに誕生する。FIAフォーミュラE選手権は、2016-2017年シーズンのサポートシリーズとして、自動運転の電気自動車による「ロボレース」を開催すると発表した。これは無人の車両を競い合わせ、自動運転に関する技術開発の後押しを図る試みで、世界中の主要都市で開催される予定だ。

出場する電動レーシングカーは、機械的には全車共通となる予定だが、チームは独自のリアルタイム計算アルゴリズムとAI(人工知能)によって競い合う。1時間のレースがフォーミュラEのメインイベント前に行われるという。主催者は初年度に10チームの参加を見込んでおり、各チームが2台ずつ無人のマシンを走らせる。そのうち1チームは、世界中から自動運転関連技術のエキスパートを集めたクラウド・ソーシング型コミュニティ・チームとなる予定だ。

ロボレースを開催するキネティックの創設者であるデニス・スベルドロフ氏は、「無人運転技術を開発している企業は、自分たちの自動運転車の技術を披露するプラットフォームを持つことができ、このレースが技術開発を後押しするだろう」と声明の中で語っている。

主催者は2016年初めに、レーシングカーの技術に関する詳細を明かす予定だが、きっとこのレースは興味深いものになるだろう。なぜなら、主要自動車メーカーは既に自動運転車をサーキットで走らせ、その性能を証明しているからだ。例えば、アウディは自律走行システムを組み込んだ同社の「TTS」で、サンダーヒル・レースウェイパークにおいてアマチュアレーサーよりも早いラップタイムを記録しているし、BMWの「トラック・トレーナー」は、ドライバーの介入なしでラグナ・セカを周回している。また、ヤマハはオートバイの分野でも同様のテクノロジーを開発中だ。フォーミュラEの発表した公式声明全文(英語)は、こちらからどうぞ




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー