jaguar
ジャガーの新型2モデルである、スポーツサルーン・モデル「XE」とダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」が、ユーロNCAPの2015年安全テストにおいて、最高の5つ星評価を獲得した。ユーロNCAPの4項目すべてのカテゴリー(成人乗員保護性能、子ども乗員保護性能、歩行者保護性能、安全補助装置の有無)において高得点を獲得し、各セグメントにおける最高評価モデルとなった。

jaguar
「XE」と「XF」は、傑出した衝突保護性能のほか、自動緊急ブレーキ(AEB)をはじめとする幅広いアクティブ・セーフティ・システムを備えている。自動緊急ブレーキは、前方の車両を確認するデジタル・ステレオカメラを用いて衝突のおそれがある車両を検知し、警告メッセージと警告音でドライバーに知らせ、衝突が差し迫った状況であると感知すると自動的にブレーキを作動する。

ジャガー「XE」「XF」「F-PACE」のビークルライン・ディレクターのケビン・ストライドは、
「『XE』と『XF』は、妥協なきエンジニアリングによって誕生したモデルです。安全性と同様に、ダイナミクス、パフォーマンス、洗練性、効率にも重きをおいて開発しました。当社の厳格な社内基準は、法律で定められた試験や消費者テストの基準をはるかに上回ります。ボディ構造のために開発したアルミニウム合金から、自動緊急ブレーキ・システムの要である最先端のデジタル・ステレオカメラまで、すべてが世界トップレベルの安全性を実現するために、緻密な最適化をしているのです。」

「XE」「XF」は、ジャガーの軽量アルミニウム構造を採用。軽量であると同時に、強靭なボディ構造が優れた乗員保護性能を実現し、運転席エアバッグと助手席エアバッグ、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグでさらに補強。歩行者と衝突した場合は、デプロイアブル(展開式)・ボンネットが作動し、衝撃を軽減する。

■ジャガー 公式サイト
http://www.jaguar.co.jp/index.html