ランドローバー専門チューナーのオーバーフィンチ、40周年を記念して「ディフェンダー」の限定モデルを発表
Related Gallery:Overfinch Land Rover Defender 40th Anniversary Edition

ランドローバーのカスタマイズを専門に手掛けることで有名な英国のオーバーフィンチは、今年で40周年を迎える記念に製作した「ディフェンダー」のスペシェル・エディションを限定発売すると発表した。

この40周年記念モデルの特徴は、ボディとコントラストをなすボンネットとグリルや、サテンブラックに塗られたダイヤモンドチェック柄のサイドシルとリア・クォーター・パネルなど。フロントバンパーは「SVX」(ランドローバーが創立60周年を記念して英国で発売したディフェンダーの限定モデル)用をベースにLEDランプが組み込まれ、他にもアルミニウム製のドアハンドルと燃料キャップ、スペアタイヤのスイングアーム式ブラケット、電動牽引フック付きリア・ステップ、ダイヤモンド切削加工を施したグロス・ブラック仕上げの18インチアロイ・ホイールなどが装備されている。インテリアは、2トーンのレザーを使用したレカロ製バケット・シートと折り畳み式のリアシート、そしてアルミのフットペダルを装着。アルパイン製ナビゲーション・システム(デジタル・ラジオとリアビュー・モニタ付)も装備する。

その結果、かつてないほど魅力的なランドローバー車となっているが、残念なことにオーバーフィンチが生産する限定台数はわずか5台。しかも販売価格は7万ポンド(約1,300万円)以上と、現在市販されているディフェンダーのほぼ3倍に相当する。これは「レンジローバー」のエントリー・モデルとほぼ同じ価格だ。ディフェンダーとしては法外な値段にも思えるが、同社が1975年からランドローバーのカスタマイズを行ってきた歴史を考えれば、高額にも関わらず5台すべてが完売することは間違いないだろう。詳細を知りたい方は公式サイトをご覧いただきたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー