ヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ発動機)は、グローバルトレンドであるエクストリームスポーツの雰囲気を織り込んだデザインと、市街地での実用機能を調和させた150ccスポーツモデルの新製品「M-SLAZ(エム・スラッツ)」を2015年12月よりタイ市場で発売することを発表した。
製造・販売はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行う。

Related Gallery:YAMAHA M-SLAZ,Thailand

M-SLAZは、"Just Size Ultimate Fashion Street Extreme"をコンセプトに開発したという。
エンジンとシャーシは、アジア地域で人気を博すスポーツモデル「YZF-R15」からプラットフォーム展開し、力強さが凝縮された躍動的な新スタイルと、機敏性に優れた操縦性を兼ね備えている。



主な特徴は、
1) 高い走行性能を実現する高剛性の倒立式フロントサスペンション
2) 車両との一体感を楽しめるアップライトなライディングポジション
3) "Street Extreme"をイメージした外観デザイン
4) 先進的でミニマムなフロント周りを演出するLEDヘッドライト など

アセアン地域では近年スポーツモデルの人気が高まりつつあり、ヤマハ発動機はタイにおいても「YZF-R15」「YZF-R3」「MT-03」などのスポーツモデルを順次導入し、ラインアップの拡充を図っている。
M-SLAZはスポーツモデルのスタイルを取り入れながら、初心者でも気軽に乗れる扱いやすさを追求したモデルで、スポーツモデルに憧れる若者層をターゲットに販売拡大を狙う。


■M-SLAZ (2016年タイ仕様)
発売日:2015年12月
販売計画:48,000台(発売から1年間/タイ国内)


■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/