クリス・エヴァンス司会による新生『トップギア』、英国で5月8日に放映決定!
クラークソンハモンドメイという3人の名物司会者が去り、新たに生まれ変わったBBCの人気自動車番組『トップギア』が、いよいよ2016年5月8日、英国で放映されるという。英『The Guardian』紙が伝えたところによると、これは同番組で新司会者を務めるクリス・エヴァンスが11月28日にBBCラジオ1で語ったもので、16エピソードで構成される新シーズンの撮影はすでに始まっており、放映初日の直前まで続く予定だという。

エヴァンスは、BBCラジオ1の料理番組『サタデー・キッチン』に出演した際、撮影チームはすでに制作を開始しており、来年1月には初めての海外撮影が米国で行われる予定だと話した。だが、当然のことながら、エヴァンスはそれ以上の詳細については語ろうとはしなかったという。新生『トップギア』については、エヴァンスの共同司会者が誰になるのかさえまだ発表されておらず、従来の番組からどのように変わるのかも謎に包まれたままなのだ。ただ、忘れてはならないのは、『トップギア』が放映当初の自動車情報番組から、我々が馴染んだあの愛すべき番組へと大変革を遂げたのは、クラークソンの舵取りによるものだったということだ。大成功を収めたあのスタイルをBBCが台無しにするとは考えにくいが、その一方で、どのような変化も起こり得る。

2016年5月8日という日付は、英国の視聴者が番組を見られる放映予定日だ。米国や日本における『トップギア』新エピソードの放映スケジュールは長年にわたり変動してきたが、本国での放映から24時間も経たないうちにBBCアメリカで新エピソードを見ることができた米国に対し、日本でBSフジが放映するまでには若干のタイムラグがあるのが常だった。旧司会者たちによる新番組も気になるが、きっと大いなるプレッシャーを感じながらも彼らの後釜を引き受けたエヴァンスの手腕にも期待が掛かる。なお、写真でご覧の通り、"BBCの備品"とも言われる謎の覆面レーサー「スティグ」は、やはり今後も『トップギア』に出演するようだ。果たしてエヴァンスがどんなふうに彼を紹介するのか、(意地悪な意味で)それもちょっと楽しみ...。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー