レッドブルF1チーム、2016年のエンジンを確保 サプライヤーと契約合意へ!
先週の金曜日、インフィニティ・レッドブル・レーシングが、来シーズンのパワーユニット供給に関し、サプライヤーと合意に至ったことを発表した。しかし、週末に行われた今季F1最終戦アブダビGPでは、チーム代表のクリスチャン・ホーナー氏は供給元やエンジンに付けられるブランド名については語らず、「開発の方向性は、皮肉にも私たちが12カ月前に達成しようとしていたものだ」と話した。

この発言から、来季も引き続きルノーからエンジン供給を受けるだろう、という見方が濃厚となっている。と言うのも、メルセデスフェラーリとの交渉は決裂、ホンダにはパートナーであるマクラーレンが拒否したため「ノー」と断られてしまったからだ。

昨年末ごろに、F1エンジンの専門家として知られるマリオ・イリエン氏がルノーとレッドブルのパワーユニット開発に協力したものの大きな成果は得られず、レッドブルはルノーの方針に不信感を表したという報道があった。レッドブルはイリエン氏によって開発されたルノー製ユニットをノーブランドで搭載し、昨年の噂通り、ワークスチーム化に向けて進むのではないかともささやかれている。

一方のイリエン氏は、どこからそんな記事が出たのか分からない、自分はルノーのエンジンとは無関係だと話しているという。いずれにせよ、ホーナー氏はチームが契約を結んだことについて「数日のうちには正式に発表できる」と述べている。また、それと同時にルノーから正式にロータス・チーム獲得の発表があることも予想される。ある報道によると、ルノーのカルロス・ゴーンCEOは既にこれらの件について承認したという。ルノーがロータスを獲得しても、レッドブルへのエンジン供給の妨げにはならない見込みだ。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー