株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン)は、2輪車用タイヤブランド「BATTLAX(バトラックス)」において、一般公道走行向けのスポーツラジアルタイヤ「BATTLAX(バトラックス) HYPERSPORT(ハイパースポーツ) S21(エスニイイチ)」を発売する。
スポーツラジアルタイヤに求められるドライ路面のグリップ力と軽快なハンドリング性能を追求しており、ライダーの走る楽しさに貢献するとしている。
合計10サイズで、2016年2月から販売開始予定。

Related Gallery:BRIDGESTONE BATTLAX HYPERSPORT S21

〜 独自のタイヤ開発技術ULTIMAT EYE™を一般公道走行向け2輪車用タイヤに初採用 〜

当該タイヤは、世界最高峰のバイクレース「FIMロードレース世界選手権シリーズMotoGPクラス」用のタイヤ開発でも活用してきた開発技術ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)™を初めて一般公道走行向け2輪車用タイヤに適用し、スポーツ走行で必要とされるグリップ力と、相反する耐摩耗性能を高次元で両立した。
これにより、従来品「BATTLAX HYPERSPORT S20EVO」対比でコーナリング性能を向上させ、また摩耗ライフの約30%向上(ブリヂストン試験結果、あくまでもテスト値)を実現したという。


■概要・特長

1、ULTIMAT EYE™
ULTIMAT EYE™は、タイヤの接地面挙動を計測・予測・可視化するブリヂストン独自のタイヤ開発技術。
従来のタイヤ開発は、シミュレーションを行い、試作品を作り、室内計測と実車テストを通じて性能確認を行うという流れで行われてきた。
ULTIMAT EYE™は、実車と同等の高速走行状態を室内で再現し、タイヤ接地面における挙動を可視化することができる。
これによって、従来の実車テストに加えて、科学的な根拠に基づく精度の高い解析や性能確認を行うことができ、タイヤの更なる性能の向上を図ることができるという。
なお、この計測・解析を行う試験機は、時速400km、バンク角60度まで対応可能だ。


2、コーナリング性能の向上①(フロントタイヤに新形状を採用)
フロントタイヤのクラウン部を小径化することで、コーナリング時の車両を傾けた状態におけるタイヤ接地面が車両前後方向に長くなり、これによって車両を旋回させる力(キャンバースラスト)が増大し、従来品「BATTLAX HYPERSPORT S20EVO」対比でコーナリング性能の向上に貢献している。

■形状変更による接地長の変化

 ↓
 ↓
 ↓




3、コーナリング性能の向上②(新コンパウンドの採用)
コンパウンド設計を分子レベルから見直し、ミクロレベルでのタイヤと路面の接地性を向上させた新コンパウンドを開発した。この新コンパウンドを、コーナリング時に重要となる、フロント(3分割トレッド)及びリアタイヤ(5分割トレッド)(Rear 150/60ZR17及び160/60ZR17のみ3分割トレッドを採用)のショルダー部分に採用し、コーナリング性能の向上に貢献している。


■新コンパウンドの採用箇所

( 画像左:フロント / 画像右:リヤ )




■新コンパウンドの路面凹凸接地イメージ




■新コンパウンドの実接地圧と面積



4、摩耗ライフの向上
リアタイヤの構造設計にULTIMAT EYE™を活用することで、これまでの解析技術では見えていなかった接地面におけるタイヤが路面を滑る挙動を詳細に把握することができ、滑り域を大幅に減少させる事に成功。
それによって摩耗が減少し、約30%の摩耗ライフ向上を実現した。




■サイズ




■ブリヂストン 公式サイト
http://www.bridgestone.co.jp/

■2輪車(バイク)用タイヤ 公式サイト
http://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/index.html