映画『ラブ・バッグ』シリーズで実際に使用されたフォルクスワーゲン「ビートル」が、1,000万円超で落札!
Related Gallery:1953 Volkswagen Beetle - Herbie
1953 Volkswagen Beetle - Herbie1953 Volkswagen Beetle - Herbie

1963年製のフォルクスワーゲン「ビートル」を買うとなれば、決して安くないことは想像できる。だが、先日行われたオークションでは、その1台が8万6,250ドル(約1,060万円)という驚きの価格で落札された。理由は、このクルマが普通のビートルではなく、本物の「ハービー」だからだ。

上の写真は、"ハービー"と呼ばれる感情を持ったフォルクスワーゲン ビートルが活躍する不朽のディズニー映画『ラブ・バッグ』シリーズ第2作『続 ラブ・バッグ』と、第3作『ラブ・バッグ/モンテカルロ大爆走』で使用された実物のハービーである。映画によって有名になったこのビートルは、多くのスターによる"手形"が並ぶハリウッドの観光名所チャイニーズ・シアターに、"タイヤ形"を残している唯一の自動車なのだ。

その象徴的なカラーリングもさることながら、このクルマは(文字通り)バックシート・ドライバー用に改造されているのが特徴だ。後部座席には、ステアリングコラムからギアやプーリーで接続された操縦用の装置が設けられており、スタント・ドライバーは撮影中に映り込まないように、後部座席で運転することができる。このため、運転席に人が乗っていないクルマがまるで自走しているかのように見えるのだ。このクルマは何十年も行方不明だったが、数年前にフロリダの倉庫で再発見され、今回のオークションで買い手が付くことになった。

ハービーが出品されたのは、オークション会社のボナムズと、タイム・ワーナー傘下の映画専用チャンネルであるターナー・クラシック・ムービーズが、ニューヨークで23日に開催した『Treasures from the Dream Factory』オークション。米コレクター情報メディア『Sports Car Market』の記録によると、この落札額はこれまでオークションで落札されたビートルの中で最も高額であるという。2014年にフロリダ州アメリア島で開催されたRMサザビーズのオークションで、完璧な保存状態の1955年製カブリオに付けられた8万2,500ドル(約1,010万円)を少し上回ったからだ。実のところ、このハービーは1年近く前、オークション・サイトのeBayに出品されたことがあり(シャシー番号で確認済み)、そのときは5万5,200ドル(約680万円)で落札されている。今回の出品者は転売により大きな利益を得たわけだ。

この映画の記念品オークションに出品された物の多くは、自動車エンスージアストには興味がないかもしれない。だが、『栄光のル・マン』でスティーブ・マックイーンが着用したレーシングスーツには、オークション前の予想落札額を20万~30万ドル(約2,500~3,700万円)も上回る42万5,000ドル(約5,220万円)の値が付いた。ちなみにこの日、最も高額で落札されたのは『オズの魔法使い』でドロシー役のジュディ・ガーランドが着用した青いギンガムチェックのドレスで、156万ドル(約1億9,000万円)だった。これは先に落札された同映画に登場するライオンの衣装の2倍以上にあたる。オークション結果の詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー