2016年度「グリーン・トラック・オブ・ザ・イヤー」はフォード「F-150」に決定!
Related Gallery:2016 Ford F-150 Limited

米国の自動車雑誌『Green Car Journal』の選考委員は、「サンアントニオ・オート・アンド・トラック・ショー」において、フォード「F-150」を2016年度「グリーン・トラック・オブ・ザ・イヤー」に選出したと発表した。

受賞したF-150の燃費は26mpg(約11km/l)と、トヨタ「プリウス」には敵わないにしても、ガソリン燃料のフルサイズ・トラックの中では最高の燃費性能である。路上で最も燃費の悪い乗り物の1つであるトラックを改善するのは、プリウスの燃費をさらに向上させるよりも大事なことだ。そのため、F-150が圧縮天然ガス(CNG)とプロパンガスを燃料にして走行できることも評価に値する。

この数年間、F-150シリーズは米国で最も売れているモデルだったから、フォードがこのクルマの環境性能をより向上させようと、数々の取り組みを行っていることは讃えられるべきだろう。最も注目すべき点として、2015年モデルからボディ全体にアルミニウムが採用されている。これにより車体が軽量化され、燃費改善につながっている。さらなる環境に対する取り組みとして、シートにはペットボトルを再利用して作られたREPREVEファイバー素材や古い衣料などが使われ、フューエルラインはひまし油が原料になっているという。

最も売れた車種という実績に加え、F-150は実に多くの賞を授与されている。様々な組織やメディアから贈られた「トラック・オブ・ザ・イヤー」の中に、「AAA(アメリカ自動車協会)グリーンカー・ガイド」を受賞していることも注目すべきだ。受賞リストの詳細はプレスリリース(英語)を見てほしい。


By Danny King
翻訳:日本映像翻訳アカデミー