HONDA CBR1000RR
ホンダは、大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」のカラーバリエーションを変更し、マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイトは11月27日に、ロスホワイトを12月11日に発売。また、「CBR1000RR SP」はカラーリングを変更し、12月11日(金)に発売します。

Related Gallery:HONDA CBR1000RR
HONDA CBR1000RR HONDA CBR1000RR
 CBR1000RRのカラーバリエーションは、新たに精悍なイメージのマットバリスティックブラックメタリックを採用。「トリコロール」イメージのロスホワイトは車体側面にデザインされたストライプの色調を一部変更し、ゴールドのラインを追加。さらに、ウインドスクリーン下部に施されたカラーリングの色調を変更するとともに、アンダーカウルをレッドとすることで、上質感とスポーティーなイメージを一段と強調。その他、継続色となるパールグレアホワイトを合わせ、全3色のバリエーションとした。CBR1000RRは、スーパースポーツモデル用として世界で初めて電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定。

HONDA CBR1000RR
 CBR1000RR SPは、トリコロールイメージのロスホワイトのカラーリングを変更。車体側面のストライプにゴールドのラインを追加し、アンダーカウルをレッドに、ホイールに施されたピンストライプのデザインを変更することで、よりアグレッシブなカラーリングとしている。CBR1000RR SPは、"The Edge of CBR"を開発のキーワードとし、スポーツライディングの楽しみを追求した一人乗り専用設計のモデルで、オーリンズ社製の前・後サスペンション、ブレンボ社製フロントブレーキキャリパーを採用。また、車体の挙動をより感じられる専用シートや軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様とした。電子制御式コンバインドABSを標準装備。

国内年間販売台数は、400台。希望小売価格(消費税込み)は、CBR1000RR マットバリスティックブラックメタリック、パールホワイト1,468,800円。CBR1000RR ロスホワイト1,501,200円、CBR1000RR<ABS>1,674,000円、CBR1000RR SP ロスホワイト2,030,400円。

■主要諸元
通称名 CBR1000RR CBR1000RR SP
車名・型式 ホンダ・EBL-SC59
全長×全幅×全高(mm) 2,075×720×1,135
軸距(mm) 1,410
最低地上高(mm) 130
シート高(mm) 820
車両重量(kg) 202〔212〕 〔211〕
乗車定員(人) 2 1
燃料消費率※3
(km/L)
国土交通省届出値
定地燃費値
25.1(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
26.1(60km/h定地走行テスト値)
<1名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)
17.3(クラス3-2)※4 <1名乗車時>
最小回転半径(m) 3.3
エンジン型式・種類 SC59E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 4気筒
総排気量(cm3 999
内径×行程(mm) 76.0×55.1
圧縮比 12.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 91[123]/9,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 97[9.9]/8,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-DSFI)>
使用燃料種類 無鉛プレミアムガソリン
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 17
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.285
2 速 1.777
3 速 1.500
4 速 1.333
5 速 1.214
6 速 1.137
減速比(1次/2次) 1.717/2.625
キャスター角(度)/トレール量(mm) 23°30´/96
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
(倒立タイプ/ビッグ・ピストン・フロントフォーク)
テレスコピック式
(倒立タイプ/NIX30)
スイングアーム式
(ユニットプロリンク/バランス・フリー・リアクッション)
スイングアーム式
(ユニットプロリンク/TTX36)
フレーム形式 ダイヤモンド

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/