DUCATI X DIAVEL EICMA,2015
第73回 EICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)2015で、ドゥカティの「X ディアベル」が、会場展示の全バイクを対象とした人気投票で「Best-looking Bike」に選出された。

Related Gallery:DUCATI X DIAVEL EICMA,2015

今年で10年目となる「Best-looking Bike」アワードは、イタリアの出版社、Motociclismoの主催によるもの。
この人気投票は、1週間にわたって開催されたモーターサイクルショーを締めくくるイベントとして行われている。
投票は EICMA の会場および Motociclismo のウェブサイト上で行われ、モーターサイクルショーの最終日となる 11月22日に締め切られ、その後、Motociclismo スタンドに設置された投票箱が開けられ、ピエルフランチェスコ・カリアリ氏(EICMA ゼネラル・マネージャー)、ピエロ・バチェッティ氏(Edisport Editoriale 社長兼 CEO)、フェデリコ・アリヴァーティ氏(Motociclismo 共同編集長)、 アンドレア・フェラレッシ氏(ドゥカティ・デザイン・センター・ディレクター)らが見守る中、集計作業が行われたという。

DUCATI X DIAVEL EICMA,2015
結果、X ディアベルが 6,910人のモーターサイクル・ファンから支持を受け、最も多くの票を集めた。
総投票数は 11,369票、うち、新しいドゥカティ・クルーザー・モデルとして発表された X ディアベルが、得票率60.78%を獲得したこととなる。
栄えある「Best-looking Bike」アワードは、ドゥカティを代表してアンドレア・フェラレッシ氏が受け取った。

また、今年の EICMA は、昨年度(628,000人)を上回る来場者を集め、モーターサイクル業界が回復基調にあることを鮮明に示すものだと分析している。

モーターサイクルショー開幕直後から、ドゥカティ・スタンドには多くの来場者が訪れ、特に「トータル・ブラック」と題された新型 X ディアベルおよびその関連アクセサリーとアパレルを展示した特設エリアは大盛況だったという。
ドゥカティは、
「真のクルーザーでありながらも、ドゥカティならではのデザイン、テクノロジー、パフォーマンス を備えた、この非常に魅力的なニューモデルとともに、独自の方法でクルーザー・セグメントに参入します。」と述べている。

X ディアベルは、典型的なクルーザーの特徴であるリラックスしたライディング・ポジションと、より前方へ移動したフットペグによって実現する「ロースピード・エキサイトメント」と、ドゥカティならではのアドレナリン溢れるスポーツ・ライディングの両方を提供するとしている。
X ディアベルの「X」とは、モーターサイクルにおけるまったくかけ離れた2つの世界を、一切妥協することなしに結合することを表しているという。

DUCATI X DIAVEL EICMA,2015

■X ディアベル 概要

〜 コンセプトは、 5000・60・40 という3つの数字 〜

5000とは、新しい156hp ドゥカティ・テスタストレッタ DVT1262エンジンの最大トルク(13.1kgm)発生時のエンジン回転数。

60とは、設定可能なライディング・ポジションの数。

最後の40は、最大バンク角を表す。


X ディアベルは、クルーザー・ワールドのマスト・アイテムであるベルトドライブを採用したドゥカティ初の機種。
ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)、ライディング・モード、ボッシュ・コーナリングABS、クルーズ・コントロールと革新的なドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL)に、ボッシュ慣性測定ユニット(IMU)が加わることにより、X ディアベルは、高いパフォーマンスと安全性を提供する、技術的マスターピースとなっているという。
X ディアベルには、Sバージョンも設定されている。


■ドゥカティジャパン 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/index.do

■X ディアベル 公式サイト
http://xdiavel.ducati.com/en?_ga=1.61711919.282648480.1447808249#home