ローランド・サンズが手掛けたヤマハのカスタム・バイク「Faster Wasp」(ビデオ付)
Related Gallery:Yamaha Yard Built 900 Faster Wasp by Roland Sands Design

ヤマハローランド・サンズ・デザイン(RSD)が、新たなカスタム・バイク製作のために再びタッグを組んだ。この「Yard Built 900 'Faster Wasp'(高速の蜂)」は、伝説的な「TZ750」をオマージュしつつ、全く新しい現代のコンポーネントを使用したレトロ・スタイルのスポーツ・バイクだ。時間を超越したクラシックなスタイルに最先端のヤマハのテクノロジーを融合させるという同社の哲学「Faster Sons」に基づき、ケニー・ロバーツ氏が乗っていたTZ750と同じ黄色と黒の「バンブルビー」カラースキームが取り入れられている。

ヤマハとRSDによるコラボレーションの第5弾となるFaster Waspは、ベースとなったヤマハ「MT-09」の847ccの水冷3気筒エンジンをアルミ製フレームに搭載する。ガスタンク、テール、エアインテーク、ラジエーターキャップ、フロント・フェンダーは、全てRSDが特別にハンドメイドしたもので、いずれもアルミ製だ。また、タイミングカバーやリア・ブレーキ・リザーバー、ケース・ガード、チェーン・ガード、タイミング・プラグ、アクスル・スライダー、ガス・キャップ、ブレーキなどはRSD製品のプロトタイプだという。

その足元を支えるのは、ダンロップ製「Q3」タイヤを履いた17インチの鍛造アルミホイールで、他にもTwo Bros Racing製エキゾーストやレンサル製スプロケットを使用。特別なコンポーネントのリストはさらに続くが、それらは全てレジェンド・ライダーのケニー・ロバーツ氏やカスタムバイク・ビルダーの木村信也氏に贈る賛辞として相応しく、例え4輪車びいきの人であってもこのバイクには心を動かされるのではあるまいか。写真とビデオでその姿をじっくりご覧になってほしい。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー