日産自動車株式会社(以下、日産)の中国現地子会社である日産(中国)投資有限公司は20日、2015年広州国際モーターショー(会期:2015年11月23日~29日)に新型「Maxima(マキシマ)」を出展する。
あわせて、同社の中国の合弁会社である東風日産乗用車公司(以下、東風日産)が、同車を2016年上半期に中国で発売すると発表した。

中大型セダンのプレミアム フラッグシップ モデルである「マキシマ」は、特にアメリカで長きにわたって人気を得ており、本年4月のニューヨーク国際オートショーで世界初公開した8代目モデルも、同国で好評を博しているという。
洗練されたスポーツカーのような外観デザインや高い走行性能を持ち、多くの先進技術を搭載した新型「マキシマ」は、同セグメントにおいて新しいスタンダードとなっている。
また同車は、日産デザインの新しい形状表現の特徴である「エモーショナル・ジオメトリー」など、最新のグローバルデザインの特徴も数多く盛り込んでいるとのこと。
「4ドア スポーツカー」として新たな境地を切り拓く革新的なモデルである新型「マキシマ」は、中国のトレンドセッターである若い富裕層をコアのユーザーと想定してるという。

東風汽車有限公司総裁の関潤氏は、
「日産は、中国のお客さまへ高品質な商品を提供することをコミットしています。新型『マキシマ』は、品質に対して妥協を許さない我々のこだわりの象徴です。操縦性や安全性を向上させた高い動力性能と先進技術、そして高級車にふさわしいインテリアを持つこの新型『マキシマ』が、アメリカでの成功に続いて、この中国市場においてもセグメントで存在感を示し、大きな成功を収めることを期待しています」と述べた。

また、東風日産総経理の打越晋氏は、
「私たちは新型『マキシマ』を中国市場に投入することに本当にワクワクしています。同車は、当社の若者をターゲットにした『Young Nissan』戦略の価値、コンセプト、技術を完全に体現したモデルです。私たちは、『今までなかったワクワク』をより高いレベルで中国のお客さまにお届けしていきます」と述べている。

日産ブースでは今年中国発売した3台の新型車、「ラニア」、「キャシュカイ」、「ムラーノ」も展示。
これらの新型車は中国の若い世代のユーザーを中心に好評を得ており、この世代のユーザーと東風日産とをつなぐ「Young Nissan」戦略の重要な要素となっているという。


■日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/