KTM RC250
250ccという数字だけでイメージすると、ちょっと気持ちが怯むくらいに大きく見える。KTMのRC250だ。
大型自動二輪免許を取得してからというもの目下愛車選びに余念がなく、バイクにメロメロパンチを喰らっている私だが、いかんせん二輪に対しての経験が少ないのは由々しき問題である。己の恥部を晒すようでお恥ずかしいが、この辺きっちりお伝えしておくとRC250みたいなこういう、ちょっとコケたりしたら即座にカウル関係とかがバキっとかいっちゃって「うわああああああああ」となってしまうようなスポーツタイプのバイクに乗ることは、だからホントは自分にとって、案外ハードルの高いことだったりするのでございますよ。自動車以上に乗る人を選ぶ乗り物、それが自動二輪すなわちモーターサイクル......。

KTM RC250 KTM RC250
そんなわけで(?)、バイクに不慣れでも心は錦(謎)な私だからこそ、実は超絶マジメに練習したいと思っているのである。ちゃんと乗りこなせるようになりたいのだ。だっていくら心だけ錦を纏っていても、ねぇ。本業「自動車ジャーナリスト」、バイクは完全にただの趣味だったとしても、いや趣味であるからこそバシィ!っとかっちょよく乗りたいのだ。

KTM RC250
そういう意味でRC250は意外なほどに懐の深いバイクであった。一旦走り出しさえすればまるでこっちの身の丈に合わせてくれるような素振りさえ見せるのに、だからといってポテンシャルが低いというわけではなく、あくまでも一般公道では手の届くところでパワーを発揮してくれるようなイメージだ。

KTM RC250 KTM RC250
その辺、ギャンギャンした直線フレームが縦横無尽にボディに張り巡らされた(そうです、トレリスフレームのことを言っているのです)ちょっと怖そうな見た目に反して、ナカミ案外に癒し系。いわゆるギャップ萌え、である。

KTM RC250
まずその、オヨヨと気持ちが怯んだ要因のひとつであるボディの大きさについて。
身長162センチ、これってわりと日本人女子の平均的身長だと思うのだけど、そんな私がちょこんと跨がってギリギリの足付きだ。250ccの車両だと思ってナメてかかると自分の足の短さに焦っちゃうほど心許ない。ちなみに自分の名誉のために全面的に解明しておけば、私の脚は多分、長くはないけどそう極端に短いわけでもないと自負しているのだが、そんな私でこの有様であった。ちなみに今回の試乗メンバー中いちばん身長の低いサトウマキ先生が足付きモデルをしてくださった。参考にして欲しい

KTM RC250
いやもちろんいくらギリギリったって乗り出せないほどではない。お尻を片方にずらすなりすればボディを片足で支えることはそう難しいことではないのだが、タンク自体にも厚みがあって、まるで400ccクラスみたいに迫力のある跨がり感を実感する。しかし、それがちっともイヤじゃないのはどうしたことだろう。

KTM RC250 KTM RC250
そう、ここってキワキワの感覚なんだけど、バイクを選ぶときってちょっと無理をしたいな、なんていうチャレンジングな心理が働くのは否めない。どうせ自分で買うならあわよくばライディングの練習にもなるような、気持ち高嶺の花っぽいスペックを選んでしまいがちなのは生来ドM気味のバイク乗りに課せられたサガとでもいいましょうか。

KTM RC250 KTM RC250
そんな心理が一番に働くのがこの「足付き問題」だったりはしないだろうか。
 というわけでこのRC250が、ギリギリを攻めたい、っていう心理を遺憾なく満たしてくれるエエ感じの足付き感なのは間違いない。それにほら、同じ排気量だったらボディが大きく見えるバイクのほうが、コストパフォーマンス的にもオトクな感じが致しますしね。
ただし、この大きさだからこそシートに跨がったままのUターンなんかではつまさきを器用に使ってソソソソソ、としめやかに前進しつつ取り回さねばバランスを崩してしまいそうで、相当に神経を使うのは覚悟してほしい。

KTM RC250
とはいうもののバランスを崩してあわや立ちゴケ!みたいなシーンに遭遇したとしても、このKTMが誇る軽量低燃費エンジン+軽量ボディは見た目以上にホントにきっちりちゃんと実感するほどに軽いから、片足いっぽんでもエイヤ!とバランスを立て直すことだってラクラク出来る。これはもしものときに助けてもらえないソロツーリングの多い私にとって安心なポイントだ。

KTM RC250 KTM RC250
さらにシート高こそやや敷居の高さを感じるつくりではあるのだが、ハンドルを握るとそれほどハードなポジションにはならないのも扱い易いポイントとなっている。
ハンドルはセパレートされているのだが、ともすれば握った感じはフラットに近いような自然なもの。激しい角度をつけられていないうえ、かなりワイドなスタンスだから肩甲骨を必要以上に落として乗らずともスッとポジションを決められ、長時間乗っても疲労度が低い。

KTM RC250
ゆっくりとスロットルを開けたら、ぱるるる、と軽いサウンドとともにじわっとトルクが生まれて行く。ドカンとパワーを出さないのは燃費に考慮しているためだそうだが、都心部において信号待ちのたびに巨大なトルクに翻弄されるのは不本意なので、この辺の制御は気にならない。むしろ日常ではエコに、休日は軽快にというのはお財布にも嬉しいものだ。しかしRC250の底力はそんなもんじゃない。

KTM RC250 KTM RC250
そう、そうなんである。
この子の凄いところはそんなふうに「一見低速扱い易いキャラ」でありつつも、中速〜高速域に入ってくると途端に元気になっちゃうところなのだ。スロットルを足していくと、ある領域から急にぎゅいん!とレーシングな性格をあらわにする。その加速たるやとにかく何度も言うが車体が軽いからこそのシャキッとしたフィールで、アクセルを煽ればきゅん!と瞬間的に背中を押されるような軽快なトルクを堪能できるのは爽快だった。
ただし、車体がそこそこ大きいために、腰下でブンブン振り回せる感じに到達するには、ちょっと練習が必要だと思う。高速道路や緩やかなワインディングロードでは安定感の高い操縦性を発揮するけど、細かいスラロームのような動作は乗る側にテクニックを要するように感じた。とはいえホイールベースが短めだから、コツさえ掴んでしまえばイキナリ上級な扱いがすぐに出来るようになる気もする。いずれにせよ、もう少し長く乗ってみたいなと思わせるバイクだった。

KTM RC250
さて、今回の試乗に際して、実はあと2台の250ccバイクと比較をしている。
KTM RC250がほかの2台に勝っているなと感じたところを、ここでズバっと述べておきたい。
まず見た目!大きくてデザインも先進的、KTMらしいアイコニックな姿がとにかくカッコいい。実はコレに乗っている最中、高速道路で抜いて行ったクルマから何度も振り返られた。他の2台での走行中はそうでもなかったから、これはとても残念なことだけど私のライディングがセクシーだったから、とかそういうことではなさそうだ(涙)。

KTM RC250 KTM RC250
お借りした広報車のカラーリングに因るところも大きいと思うけど、他の2台に比べてとにかく目立ったのは高いデザイン力の賜物だと思う。
ふたつめは音。

KTM RC250
これは撮影をずっと監修していた、オートブログ日本版編集長・チバさんが言ったことでもある。「外で聞いてると、RC250が一番いい音!」
実は乗っているとそうでもないのだが(すみません、挙動に対して音がとても軽いもので)、路傍で聞くとピカいちなんだそうな。

KTM RC250 KTM RC250
逆にここがちょっとと思ったところ、それはサイドスタンドの出しにくさ。ステップの真下にサイドスタンドが完全に隠れてしまう構造のために、ブラインドタッチでさっとスタンドを出すことが出来ない。え〜とどこやったかいな、と目視しながら何度もライディングブーツの踵やらつま先やらを駆使してようやく出せるという塩梅。販売店では独自に角度を変えて引き出しやすくする工夫もされているようだが、ココは国産メーカーに軍配だ。

KTM RC250
私自身も250ccバイク(絶版車です)を所有しているのだが、車検費用のかからない250ccバイクはお財布的にも優しいステキ乗り物だとつくづく思う。
さて最後に、今回の3台中、ズバリ買うとしたら?
あのかっちょよすぎる見た目でRC250に軍配を上げたい。いやちょっとないですよあの存在感。多分ハンドルはもうちょっと角度を付けた方向に、いずれ変えたくなっちゃう気がするけど!

<衣装提供>
■クシタニ ジャパン 公式サイト
http://www.kushitani.co.jp​

Related Gallery:KTM RC250
<青木タカオ・・・KTM RC250>
KTM RC250
スパンと寝かし込める切れ味鋭いハンドリング、高回転でも音を上げない元気なシングルエンジン、そして兄貴分たちに負けないスーパースポーツルックという点では、KTMの『RC250』も注目株だ。

KTM RC250 KTM RC250
WP製φ43mm倒立フロントフォーク(Ninja 250/SL=φ37mm正立式)や、クラス唯一となるZR規格ラジアルタイヤの採用など、ライバルより1ステージ上を狙った装備を持ち、前後サスのセッティングもややハード寄り。車体の剛性バランスが高く、スピードレンジが上がっても不安を感じる要素は見当たらない。

KTM RC250
カタログ値では最高出力31.3HP(30.87PS)/9,000rpmと際立つものがないものの、エンジンは全域で力強さがあり、高回転までギャンギャン回してもヘッチャラ。軽快な動きを見せる車体と相俟って、キビキビした走りが楽しめる。

KTM RC250 KTM RC250
ハンドル幅がワイドで、高い位置にセットされていることから、同行した女性ライダーたちはライディングポジションに違和感を感じたようだが、アップライトなポジションが好きな自分には問題ない。たしかに大柄な乗車姿勢だが、そのおかげで窮屈さがなく、クラスを超えた安心感があった。

<サトウマキ・・・KTM RC250>
KTM RC250
自分の思い売りにリニアに反応するレスポンスが気持ちいい! これは楽しい。乗った瞬間にニンマリと頬が緩んだのは言うまでもない......。

KTM RC250 KTM RC250
820mmというシート高に加えてシートの形状からか、足着きはそこまで良くない(身長157cmだと片足しか着けない)が、車体が軽いので自分的には気にならない。けれども、250ccなのに足が着かないというのは、初心者にはちょっとハードルが高く感じるのかもしれない。慣れてしまえば問題ないのだが、ストップアンドゴーに加えて渋滞が多い日本の道路事情では、ちょっと厳しいところ。そこはローダウンなどの手段がいくらでもあるので、工夫次第では克服できる! 

KTM RC250
ポジションはセパハンながらもそこまでハンドル位置を絞り込んでいないのでキツさは感じない。ほどほどの前傾というのが、セパハン初心者にはちょうど良い感じ。スーパースポーツタイプのバイクは現在修行中で、そこまで慣れていない自分でも楽しさが感じられるというのは嬉しいこと。オレンジのトレリスフレームとホイールがカッコ良くてサイドからの見た目にほれぼれしてしまう。シートレールまでトレリスというところがかなりツボ。

KTM RC250 KTM RC250
今回乗った3台のなかでは見た目も乗り味も一番の好み。単気筒好きというのもあるのだけれども、高回転まで回してぐんぐん前に行きたくなるバイク。コーナーでもそこまで大きなアクションをせずとも、肩をいれただけでスッと曲がる。スロットルを捻ると地面を蹴り上げ、いってらっしゃいっ! と押し出してくれるのが気持ちいい。これは、サーキットで乗ったら楽しいだろうなぁと、そんな使い方をしてみたくなった。街乗りでももちろん充分だが、ツーリングとなると、お尻が痛くなりそうな雰囲気ではあった......。

KTM RC250 KTM RC250
スリッパ−クラッチにABSまで装着されて必要充分。コーナリングが気持ち良すぎて、立ち上がって直ぐにある目的の場所に止まれずフルブレーキングをする場面があったのだが、ABSさんがとても良い仕事をしてくれました。ググググっと、リアをロックすることなく流してくださった。これなら雨の日も安心だ。

KTM RC250
怖さを感じないって、逆に怖いとも思うが、趣味で乗る乗り物だからこそ、楽しくなければ元も子もない。その微妙ながらも曖昧な狭間を丁度良く切り取ったような、そんなバイクだ。これは女性が乗っても楽しいハズ!


■KTM Japan 公式サイト
http://www.ktm-japan.co.jp