TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、レクサスRC F」の カスタマイズパーツ「Circuit Club Sport Parts」を11月12日より発売した。 

"Circuit(究極の走行場所)でClub(仲間たち)と共にSport(楽しむ)する事ができるParts(商品)"という意味で今回のパーツは開発されたということで、エアロパーツだけではなく、見た目だけではなく、性能を追求したパーツが用意されている。

Related Gallery:2015 Lexus RC F TRD


キーワードは、"楽しさの飽くなき追求" 。

クライマックスに向けてドラマチックに盛り上がるサウンド。 それはタコメーターを見ずとも回転域がわかる、感覚で操れる楽しさ。  

道のギャップをしなやかに、素早く乗り越える。 それはクルマの状況を感じながら狙ったラインを旋回できる楽しさ。  

これらの、楽しい瞬間を少しでも長く、というコンセプトによって生み出されたパーツが、すべては「もっと踏みたい、もっと踏める、もっと乗りたい」を実現するために登場した。


エクステリアでは、CFRP製のフロントスポイラー、サイドスポイラーの他、リヤバンパーサイドスポイラー、リヤバンパーロア、リヤスポイラー(OPEN/CLOSE機能付き)がラインナップされ、空力特性の向上とともにTRDらしいレーシーなデザインに仕上げられている。


下回りもエアロアンダーブレース、リヤディフューザーで空力特性を高めている他、ボディ全体に発生している微振動を減衰・吸収するパフォーマンスダンパー、足回り強化のサスペンションセット、メカニカルL.S.D、チタンマフラーなど走りを追求するアイテムが用意されている。

車両価格がおよそ1,000万円クラスのRC Fなだけに、誰もが購入できるモデルではないが、逆にRCを購入でき、かつ高性能モデルのFモデルを選ぶ以上、とことん走りを追求できるTRDパーツの装着は必須とも言えよう。


TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp/