SUZUKI GSR250S
ここのところの250ccラッシュには目を見張る物がある。各メーカーが満を持して登場させた250ccクラスのバイクはどれも魅力的で選び方にも迷ってしまうほどのラインナップが揃っている。
BMWが300ccのコンセプトバイクまで発表してきているこのご時世。いままでは中型免許だけだと乗れるバイクが無かった、なんていう現状だったのに、ここにきてなぜ? と思う方も多いはず。その背景にはアジアマーケットの拡大、という重要な使命が背負わされていたのだ。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
ということで、スズキのGSR250SカワサキのNinja250SLKTMのRC250と3台を目の前にしてのファーストインプレッション。GSR250Sでかっ! 他の2台が単気筒ということもあってスリムさが際立つのだが、GSR250Sのみ2気筒となり、さらにこちらはツアラーを謳うハーフカウル仕様。

SUZUKI GSR250S
フルカウルの車体とはちょっとジャンルが違ってくるので、比較対象にはならないのだが、その車体の大きさが際立っている。跨がってみた印象としては、250cc以上に感じる。車重が188kgと他の2台と比べると約40kg程重いが、取り回しに苦労する重さでは無い感じ。緊張する重さではないというのは、非力な女性には嬉しい利点だ。だって、やっぱり日本でバイクに乗るということは、狭い場所での取り回しは必須。重い車両を何回も切り返すのは苦行以外のなにものでもない。やっと発進しやすい位置までバイクを移動させて、バイクに跨がった頃にはヘトヘトになっている......、なんてことも良くあったりするのだ。押し引きはコツ、ともいうけれど、そうなんだけど、解っちゃいるけど楽に勝るものはナシ。なのですよ。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
ポジションは車体がそれなりに大きなことだけあり、窮屈でもなくすっぽりと身体がはまる感じ。250cc以下になると、まれにシートの前後が狭くて、もう少し後ろにお尻をずらしたい。と思う場面があるのだが、これは自由度が高くて快適だった。そして、シート高は780mmと両足は地面に着地はするが、フロントにカウルがある分ちょっと重心が上ぎみな感じがするので、片足でしっかり支えた方が安定する。
<Ninja250SL>

<RC250>

足を下ろした位置にステップがあるので、足付きが何となく悪く感じたのかもしれない。それに比べて、同じシート高のNinja250SLはスリムな分、足付きは抜群に良かった。ついでに言うと、RC250は両足着地を試みるも820mmというシート高にはばまれ、片足しか着くことができなかったのだ......。いずれにしろ、車重が恐ろしくあるわけでは無いので、そこまで足着きにシビアになる必要はないだろう。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
強いて言えば、ハンドルがちょっと高めで遠く感じたので、それが疲れそうな雰囲気ではあり、フロントに荷重をかけにくい感じではあったけれど、それ以外に不安を感じる部分がないというのは素晴らしい!

SUZUKI GSR250S
GSR205Sのコンセプトとしては、250ccという枠を超えた走りが楽しめるようにと設計されたモデルであり、大型で高さのあるスクリーンが装着されたフロントカウルが走りの性能を上げている。それもあってか、高速での走行は250ccというのを忘れてしまうほど快適。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
スピードにさえ乗ってさえしまえば、低回転からの加速でもストレス無く伸び、追い越しもスムーズ。大型のスクリーンにすっぽりと身体がおさまるので防風効果が高く、疲れにくい。なによりもライディングポジションに余裕があってとっても楽。というのが特筆すべきポイント。

SUZUKI GSR250S
公道ではスピードを求めるよりも、楽しく快適に乗りたい、という自分にはぴったりはまる安定感だ。トルクも太く、クラッチをつないだだけでするすると前進するので、シビアに考えながらライディングしなくても良いというのも快適そのもの。そこまで頻繁ギアチェンジをしなくても、楽々走行できる250ccってなかなかないかもしれない。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
とはいえ、ワインディングなどの上り坂では、他の車両よりも最高出力が控えめなことと、車重があるせいか、パワーバンドを外すと多少の非力さを感じたが、そこは250ccということでかわいらしさを感じる部分でもあった。他の場面ではパワフルさがあり、不足さは感じさせない。コーナリングはとってもニュートラルでかなり軽快。立ち上がりで思いっきり空けることができるのは気持ちが良い。スロットルのレスポンスが優しかったということに加えて、250ccという排気量が自分には過剰でなく、回しても飛び出してしまう心配が無いので、操れると感じさせてくれる。この"操れる"と感じられることは、バイクに乗っているときに重要で、ちょっとでも怖いと思ってしまったら身体が硬直してどんどん乗れなくなっていってしまう。それを感じさせないこのクラスはやっぱり楽しい! 

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
メーターにはアナログとデジタルのLEDインジケーターを配置。エンジン回転が設定値に達すると、インジケーターが点灯するライトや、ギアポジション、メンテナンス時期を知らせる表示などが搭載されている。さらに250ccクラスなのにハザードスイッチがついているのだ! これはちょっと侮れない。まさに日本の道を快適に走るのに必要充分。

SUZUKI GSR250S
2気筒ながらも振動も少なくフラットなエンジンの特製は初心者からベテランのセカンドバイクとしても活躍しそうだ。ちょっとそこまで......、なんて足代わりにも使えるし、このGSR250Sなら長距離のツーリングまでこなせてしまう。アップライトなポジションで、日本の美しい風景を楽しみながら、のんびりと気持ち良く走りたい。そんな気分にさせるバイクなのであった。

Related Gallery:SUZUKI GSR250S
<青木タカオ・・・SUZUKI GSR250S>
SUZUKI GSR250S
独自のキャラクターを突き進んでいるのが、スズキ『GSR250S』。1クラス上の車格を持つシャシーに、オーソドックスといえるSOHC2バルブの並列2気筒エンジンを搭載。スペック的にも最高出力24PS/8,500rpmと控え目で、走りも排気音も大人しい。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
ハーフカウルを身にまとった車体はウインドプロテクションが良く、250クラスとは思えないクルージング力を持つ。ライディングポジションも大柄でアイポイントが高く、シートの座面も圧倒的に広い。サスペンションも初期からよく動き、乗り心地重視の味付けになっている。

SUZUKI GSR250S
エンジンは穏やかながら、だからといって不満はない。スポーティさを求めればライバルに及ばないものの、乗っていて感じる楽しさはひけをとらない。エンジンも足まわりもドッシリとした車体にマッチしていて、これはこれで良いと思えるのは、全体のバランスがいいから。センタースタンドの装備もツーリング派に嬉しいし、250ccでもロングライドを楽しみたいという人には、自信を持ってオススメできる。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
こうして、アットランダムに選んだ3機種を乗りくらべたが、比較することでそれぞれの良さがより際立ってくる。先述したとおりそれぞれに個性があり、キャラクターの違いは明確。その方向性の多様さは大排気量クラスにはないほどで、250ccだからこそそれぞれの方向に各モデルが突き進んでいる。250ccクラスの人気機種はまだまだあるから、今後、他のモデルもここで紹介していきたい。

<今井優杏・・・SUZUKI GSR250S>
SUZUKI GSR250S
スズキのGSR250S。このアップライトなポジションだからこそ、とにかく扱いがラクである。シートから降りて取り回すときも、アップハンドルなので舵角を予想しやすく、前輪の角度が急についてコケそうになることがないのがストレスフリーだ。なめらかにスイスイと動かせるってことは、余計な気を使わなくても良いってこと。これは嬉しい。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
そう、この「気を使わなくていい感」、実はこのバイクの随所に張り巡らされた利点で、足付きも良ければ背中を伸ばして乗っていられるポジションのおかげで長距離を難なく乗りこなせるなど、かなり人に優しいつくりになっていると感じた。やや重心が上にあるような気もするけど、この重みは所有するうちに慣れるだろう。

SUZUKI GSR250S SUZUKI GSR250S
ちなみに足付きだが、シートに座って両足指が全部接地している状態。急に信号が変わったとしても、すっと足を出して涼しい顔で停止できる余裕さである。

SUZUKI GSR250S
ただし、気を使わなくてもいいぶん、エキサイティングさという面ではやや物足りなさを感じる。
どのギアを選んでもトルクの出方がジェントルすぎるきらいもあるし、スペックを全部把握しちゃえる感じ。ワシワシ乗りたい人にはちょっとおすすめしないけど、長い距離をとにかくマイペースに走りたいっていうツアラーにはいいバイクだ。


■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp