Kawasaki Ninja 250SL
昨今人気のある250ccクラス、そのうちの3機種(カワサキ Ninja 250SLKTM RC250スズキ GSR250S)に代わる代わる乗ってみた。
ワインディングや市街地を含める一般道のほか、高速道路も含めたショートツーリング。ともに試乗したのは美女2人とあって、楽しい1日となった。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
カワサキ『Ninja 250SL』はとにかく軽い。インドネシアでは『Ninja RR mono』とネーミングされ、東南アジア諸国で先に売られていたモデルだが、跨った感じは、そんなアセアン地域で販売される150ccクラスなみで、車体のスリムさが際立っている。

Kawasaki Ninja 250SL
ちなみに先にデビューし、250ccスポーツバイクブームの火付け役となった『Ninja 250』は、メインフレームから異なるまったくの別モデル。Ninja 250では並列2気筒を積むが、SLはシングル(単気筒)エンジンを搭載。同じ水冷DOHC4バルブながら、Ninja 250は最高出力31PS/11,000rpm、SLでは29PS/9,700rpmと、パワーでは及ばない。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
しかし、軽快感はSLが上だ。Ninja 250もハンドリングはかなり軽快だが、SLはそれ以上だから面白い。コーナーではガンガン攻めようという気にさせてくれ、たとえ無茶な突っ込みをしても、どこからでも車体をグイっと寝かせられるから自由自在に操れる。カタログ値で車体重量を確かめると、Ninja 250より20kgも軽量で、そこがSLの大きな魅力となっている。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
エンジンもいい。先に言ったようにスペック上ではNinja 250にかなわないが、車体が軽いことでそれを帳消しにした。7000rpm以上でもパワーがジワジワ盛り上がり、10,000rpmを超えてもまだ粘り強く加速し続ける。エンジンに鞭を打って走る、この使い切れる楽しさは、250スポーツならではのもの。これを原点回帰というのだろか、高回転まで引っ張り上げたまま振り回せば、ライディングってなんて楽しいのだろうって、つくづく思う。

Kawasaki Ninja 250SL
ハンドリングにクセがなく、神経質な部分もない。軽量・コンパクトな車体は体格を選ばないし、取り回しを含めこの扱いやすさはスポーツライディングを学ぶビギナーに最適だろう。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
とはいえ、初心者向けとして決めつけるのはもったいない。車体とエンジン、足まわりがベストバランスといえるほど上手くマッチし、ライトウェイトスポーツとしての完成度が高く、この操る楽しさ、そして手軽さは、ビッグバイクに少し疲れたベテランライダーにもオススメしたい。大排気量車からの乗り換えに、あるいはセカンドバイクとして乗るのにもうってつけだと思う。

Kawasaki Ninja 250SL
Ninja 250をツインとシングルの2本立てにしてきたカワサキのラインナップ。ツインにはネイキッドバージョン『Z250』もあり選択肢は広い。こうなってくると、待ち遠しいのは、SL(シングルエンジン)のカウルなし版だろう。もし登場したら、もちろんここで紹介したい。

Related Gallery:Kawasaki Ninja 250SL
<サトウマキ・・・Ninja 250SL>
Kawasaki Ninja 250SL
今回一番気になっていたバイクがコレ。現在の250ccクラスの先駆けであり、確固とした位置を確立しているNinja250の兄弟分として登場した、単気筒のほっそりとしたスリムな奴。Ninja250はそのイケメンとも言えるルックスから大人気であるのだけれども、どうもアップライトなハンドルが何となく馴染めなかった。どちらかといったらスーパースポーツだけどツアラー的なポジション。2気筒のパワフルなエンジンは乗りやすく、とても好感度が高かったのだが、全てが穏やかな印象。それが物足りなくもあったのだが......。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
このSLはポジションがスパルタンっ! 低く絞られたハンドルからなる前傾姿勢はまさにスーパースポーツ。アニキはイケメンの色男だけど、オレは硬派だから。って何となく突き放される感じが落としてみたい! と女的には思ってしまう魅力がある。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
タンクも細くそぎ落とされ、ニーグリップしやすい。下半身でしっかり支えられるというのは何よりも安心度が高く、149kgという軽い車体にも関わらず風速40mというアクアラインも難なく超えることができたのだ。このコンパクトさにちょっと惚れそうになってしまった。軽い車体で横風が強い道を走ると、簡単に一車線飛ばされてしまうのだけれども、それが無かったというのはかなりの衝撃だった。単気筒とはいえ十分なトルクがあり、低回転でもノッキングすることなくスムーズ。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
他の車両よりもホイールベースが短いせいか、セパハンの割に小回りがしやすい。足着きも良いので市街地でも活躍しやすそうだが......。これは完全にスポーツバイク。ツーリングに出かけてもそれなりに楽しめるかもしれないけれど、単調でちょっと飽きてきてしまうかもしれない。

Kawasaki Ninja 250SL
さらに、鍛えないと前傾がキツいので首回りと腰と、シートが硬いのでお尻がやられる可能性がある。6500rpm辺りから気持ち良くなってくるので、高回転まで回してくるくる回っているのがきっと楽しい。シフトチェンジが忙しいけれど、それもこのバイクの楽しみのひとつ。ちょっとしたレーサー気分が味わえる面白いバイクだった。

<今井優杏・・・Ninja 250SL>
Kawasaki Ninja 250SL
カワサキ・ニンジャ250SL。もう、大トロです。寿司ネタで言ったら大トロです。250ccのフルカウルタイプとして、こんなよく出来た楽しく乗られるスポーツバイクがあろうか!やっぱちいさくても軽くてもニンジャ、その血はちゃんと流れているのですわ!
あ、すみません、興奮しすぎました。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
横から見ればタンクがごぼっと盛り上がっているイカツい外観から相当にスパルタンに見えるけど、乗り込んでしまえばシートは沈み込んでいて両足もしっかり着く安心設計。これもGSR250Sと同じく、両つま先の足指が全部着くくらいだ。

Kawasaki Ninja 250SL
そしてボディがとてもスリム。タンクを挟んでニーグリップさせるのに持ち余りのしないサイズというか、なんというか......えーい思い切って書くけど挟み心地がいいのである、太股に。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
挟んだ感じのフィット感が気持ちいいから速度を上げて行かれるし、バンクもどんどん付けて行ける。そのぶんコーナリングスピードも自ずと速くなって、「人馬一体」とか「攻めてる」みたいな気分をヤンヤヤンヤと盛り上げてくれるニクいヤツだった。

Kawasaki Ninja 250SL Kawasaki Ninja 250SL
SL=スーパーライトの名の通り軽量ボディは挙動にももちろん効果をもたらしていて、腰の動きだけで左右にスイスイとスラロームをしてくれてしまう、つまり腰下で振り回せる感覚を地で行けるフレキシブルさを備えているのが快感なのだった。

Kawasaki Ninja 250SL
ただし、軽いからゆえ長距離の高速道路なんかではちょっと疲れてしまうかもしれない。とにかくワインディングが三度の飯より大好物だ、という人にはドンピシャだとおもう。


■カワサキモータースジャパン 公式サイト
https://www.kawasaki-motors.com