YAMAHA MT-10
 ヤマハ発動機は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた998cm水冷・直列4気筒エンジンを搭載する新製品「MT-10 (エムティー・テン)」を、2016年5月末に欧州で発売予定。「MT-10」は、11月19日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モータ ーサイクルエキシビション)」にて展示する。

Related Gallery:YAMAHA MT-10


YAMAHA MT-10YAMAHA MT-10
「MT-10」は、MTシリーズの最高峰モデルとして企画・開発。"意のままに操れるストリート最強スポーツ性能"と"多用途で楽しめる機能"を集約させたモデル。

YAMAHA MT-10
主な特徴は、
1)低中速のトルク特性を重視したセッティングを施し、クロスプレーン型クランクシャフトの特徴であるリニアなトルク感とコントロール性を備えたエンジン。
2)「MT-07」と同じ1,400mm のショートホイールベースとするなど、軽快なハンドリングをもたらすシャーシ。
3)積極的なスポーツライディングからツーリングまで幅広いシーンに適したライディングポジション。
4)クルーズコントロールシステムなど多用途で楽しめることに配慮した各装備。
5)"The King of MT"のデザインコンセプトによるフラッグシップモデルとしての存在感や引き締まったボディ などが特徴のスタイリング。
「MT-10」の販売計画は、発売1年間で3,500台、希望小売価格は発売前に発表される。



■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp