フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、東京モーターショー 2015に「ゴルフ トゥーラン」の次期モデルを出展した。

今回出展されたモデルは、画像の「Rライン」と呼ばれるスポーツモデルと「ハイライン」の2車種となった。

全長は従来型より約130㎜大きい、4,527㎜になり、延長された大部分にあたる約110㎜が、ホイールベースの延長にともなう室内空間の拡大にあてられ、前後間隔が最低限であった現行モデルと比較すると余裕ができた。

全幅も1,829㎜となり、従来型から36㎜拡大、全高は1,659㎜と従来型より15㎜低くなったことから、ワイドローなダイナミックなプロポーションに進化した。

Related Gallery:TMS2015 VW GolfTuran


こちらが上級グレードのハイライン。

展示されたハイラインは右ハンドル仕様であり、こちらが本当のワールドプレミアモデル。基本的にこのままの仕様で日本に導入されるようなニュアンスの案内をいただいた。

初めの導入は、現行と同様ハイラインと「コンフォートライン」の他、ベーシックな「トレンドライン」が予定されているようだ。

フロントフェイスのデザインは、現行モデルよりもシャープなエッジを聞かせたラインを多用したゴルフファミリーらしいデザインに仕上げられている。

フォグランプが丸型から角形に変わった点が最もわかりやすい違いだ。なお、ランプ類では、フルLEDのヘッドライトもオプション設定されるとのことだ。


リアも現行モデルのイメージを残しながら、シャープなエッジを利かせたラインを使用したものになっている。

リアバンパーから飛び出す2本のマフラーカッターが現行モデルにはない大きな特長だ。少しスポーティー感を出したグレードという位置づけだろうか。

ライン状に光るテールランプが、最近のトレンドに合わせたデザインとなっている。


インテリアは、現行モデルの中央から左右に広がるイメージのものから、ドライバーを囲むようなデザインに変更された。

シフトノブやステアリング形状など、他の最新のフォルクスワーゲンモデルと同様のパーツが使用されているが、他のモデルと比べてアップライトに着座するポジションに合わせた各スイッチの配置がなされている。

ダッシュボード上中央の収納ボックスや、ハンドル下のボックス、シート下の収納ボックス(ただし、上段のみ)など、現行モデルとほぼ同様の収納性を確保している。なお、それらのボックスの開閉性などは、現行モデルよりも質感の高い構造に改められた。


次期モデルでの最も大きな変化と言って良いのが3列シートへのアクセス性の向上だろう。

現行モデルは、2列目を一番後ろまで下げた状態で、ダブルフォールディングするというかなり面倒な作業をしないと3列目にアクセスできない構造であったので、3列目のシートはあっても滅多に使わない人向けのような仕様に感じられた。

今回は、ダブルフォールディングすることなく、スライドだけで3列目にアクセスできるので非常に便利だ。

ただし、今まで2列目のシートはすべて取り外しができ、様々アレンジができるという特長があったが、その機能は次期モデルでは盛り込まれないとのことだ。

実際に外したシートをどこに置くのかというような点もあり、シートの脱着機能はあまり活用されなったようである。


ミニバンという性格上、2列目、3列目シートの5座席すべて、ISOFIX取付チャイルドシートが対応となっている。

3列目のシートにもISOFIX取付対応というのは非常に珍しい。お子さんがたくさんいらっしゃる方にはお勧めしたいモデルだ。

ただし、最新の安全規則のUN-R129に対応したため、2列目足元の収納ボックスは廃止されたようだ。

また、写真のようにグレードやオプションによって異なると思われるが、ジュニアシート機能が2列目シートに内蔵されている。

子育て世帯だと突然、友人の子供を乗せることになるシーンがあるかと思うが、ジュニアシートを常備しておかなくてもすぐに、ジュニアシートに早変わりできるシートは便利そうだ。


ラゲッジルームはダブルフォールディングにならない反面、フラットで使うことができる。車中泊スペースとしても便利そうで、こちらの方が最近のライフスタイルにはあっているだろう。

現行モデルと違い、トノカバー最後部の床下ボックスに収納できるので、満載にした際の使い勝手も向上している。


エンジンは、1.4LのTSIエンジン。現行モデルはスーパーチャージャーとターボチャージャーの2つの過給機を搭載しているが、次期型はターボチャージャーのみとのこと。

ただし、最高出力は110kW/150PSとなり、10PSほどパワーアップし、燃費性能が向上しているとのことだ。

すべてのモデルにStart/Stopシステムと呼ばれるアイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムが搭載されているので、実燃費面でも現行モデルを上回ることは間違いない。

安全面でもフォルクスワーゲンの最新システムが搭載され、自動ブレーキやレーダークルーズコントロールなど様々なシステムが採用されているとのこと。

多人数乗車時に大きなトルクでの走りを期待できるディーゼルモデルの投入は当面ないようだが、進化したダウンサイジングターボは軽快な走りを期待できる。

発売時期は未定とのことだが、ディーラー等の情報では、来年1月位には投入されるのではないかとのこと。

安全性、使い勝手が大幅に向上しているので、ファミリー層にはお勧めの一台となりそうだ。


■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html