Alfa Romeo 4C Spider
FCAジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、先日の東京モーターショーで公開したアルファ ロメオ・ブランドの新型モデル「Alfa Romeo 4C Spider」を、11月21日より販売開始する。4Cスパイダーは、昨年国内導入したミッドシップ プレミアムスポーツカー「アルファ ロメオ 4C」のオープントップモデル。

Alfa Romeo 4C Spider Alfa Romeo 4C Spider
イタリア・モデナのマセラティ工場にて手作業で生産される4Cスパイダーは、魅惑的なイタリアンスタイルとフォーミュラ1に刺激を受けて達成した1,060kgの車両重量(日本仕様)および4.4kg/psのパワーウェイトレシオによりスーパーカー並みのパフォーマンスを提供する。

Related Gallery:Alfa Romeo 4C Spider
Alfa Romeo 4C Spider
4Cスパイダーの"高鳴る心臓"を覆っているのは、機能的な3つのエア アウトレットとエアロフォルムに整形されたスポイラーを持つテールゲート。

Alfa Romeo 4C Spider Alfa Romeo 4C Spider
2つの筋肉のようなフォルムがリアのテールゲートをまたぎ、コックピットのベルトラインの上までボディを持ち上げることで、強さを印象付けるとともに、ブラックのロールバーの土台となっています。

Alfa Romeo 4C Spider
アフェイスパネルと円形のLEDテールランプは、たくましいリアフェンダーに融け込んで、力強い姿勢を生み出す。その下には、デュアルエキゾーストパイプをコーナーに取り付けることで、4Cスパイダーのスーパーカー的な身の構えを強調。

Alfa Romeo 4C Spider Alfa Romeo 4C Spider
ヘッドライトは、4Cの「バイLEDヘッドライト」から変更され、新デザインの「バイキセノンヘッドライト」が搭載。エキゾチックなモノコックを強調するカーボンファイバーのウインドシールドフレームは強度の改善と軽量化に貢献。ファブリックのルーフは、専用バッグに収納しトランクに格納することが可能。

Alfa Romeo 4C Spider
4Cスパイダーのコックピットは、レースからインスピレーションを得たもので、運転操作に関係する基本コンポーネントのみをシンプルかつスタイリッシュに統合した専用デザインとなっている。2つの複合フレーム・スポーツシートと、カーボンファイバーモノコックを採用。

Alfa Romeo 4C Spider Alfa Romeo 4C Spider
また、フラットボトムのスポーツレザーステアリングホイール(パドルスイッチ付)とアルミニウムペダルを備えたコックピットデザインにより、アルファ ロメオのレーシングスピリットを表現している。

Alfa Romeo 4C Spider
4Cスパイダーは、アルミニウム製の1750直噴ターボエンジンを搭載。吸気/排気側に備える連続可変バルブタイミング機構を備え、最高出力240psを6,000rpmで発揮。最大トルクは、350Nm(35.7kgm)/2,100-4,000rp。

Alfa Romeo 4C Spider
4Cスパイダーの希望小売価格(消費税込み)は、8,618,400円。

■アルファ ロメオ 公式サイト
http://www.alfaromeo-jp.com/