フォード「シェルビー GT350 R マスタング」が米『Road & Track』のパフォーマンスカー・オブ・ザ・イヤーを受賞
Related Gallery:Road and Track 2016 Performance Car of the Year

最高出力526hpで最大許容回転数8,250rpmの5.2リッターV8エンジンを搭載する新型フォード「シェルビー GT350R マスタング」が負けを喫することなど、どんな勝負であってもあるはずがない。とはいえ、米国の自動車雑誌『Road & Track』が選ぶ「パフォーマンスカー・オブ・ザ・イヤー 2016」には今回もそうそうたる候補が並び、シェルビーはその中で最も価格が低く、パワーも中程度に過ぎなかった。しかし、どうやらこのマスタングが持つポテンシャルは数字だけでは語れないものらしい。なぜなら今年、賞を勝ち取ったのは、このフォードのマッスルカーだったからだ。

パフォーマンスカー・オブ・ザ・イヤーは、新型もしくは大幅にアップグレードされたモデルから選ばれる。今年、R&Tが優れたパフォーマンスカーとして候補にノミネートしたのは8モデルだった。ベントレー「コンチネンタル GT3-R」キャデラック「ATS-Vクーペ」シボレー「コルベット Z06」ダッジ「ヴァイパー ACR」、「メルセデスAMG GT S」、ポルシェ「ケイマンGT4」、そして候補の中で最高価格34万7,942ドル(約4,300万円)のフェラーリ「488 GTB」。これは実際に乗り比べをしたテスト車の価格だが、一方のシェルビーは6万7,465ドル(約830万円)と、その差は5倍以上だ。

R&Tはこの8モデルを、ケンタッキー州ベレアからテネシー州クックビルに至る公道と、「ナショナル・コルベット・ミュージアム(NCM)」にあるモータースポーツ・パークのトラックで思い切り走らせた。強力なライバルに囲まれながらも、シェルビーはその魅力を大いに発揮したようだ。R&T編集長のラリー・ウェブスター氏は、結果発表のコメントで「フラットプレーン・クランクシャフトとミシュランのパイロット・スポーツ・カップ2を携えたシェルビー GT350Rは、レベル11にまで高められたマスタングだ」と述べている。

なお、このパフォーマンスカー・オブ・ザ・イヤーでは、昨年はポルシェ「911 GT3」2013年にはシボレー「コルベット・スティングレイZ51」が選ばれている。そんな偉大なクルマたちの横に、今回シェルビー GT350R マスタングが名を連ねることとなった。。R&Tのサイト(英語)には、全8モデルについての詳しい評価や素晴らしい写真が掲載されているので、ぜひご覧いただきたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー