〜「ギブリ S」「ギブリ S Q4」をベースに、20 台のスペシャル限定モデル 〜

マセラティ ジャパン株式会社(以下、マセラティ)は、ミドルサイズのラグジュアリースポーツセダン「マセラティ ギブリ」の日本特別限定仕様車「ギブリ スカテナート」を11月11日から発売することを発表した。

Related Gallery:MASERATI GHIBLI Nov,2015

販売台数は「ギブリS」ベース14台(右ハンドル)、「ギブリSQ4」ベース6台(左ハンドル)の合計20台。
11月下旬よりデリバリーを開始する。

「マセラティ ギブリ」は、マセラティ初のEセグメントモデルとして、2013年11月に国内デビュー。
卓越した性能、操縦性、豪華さ、そして革新的なイタリアンデザインに、戦略的な価格と使いやすさを誇り、マセラティ躍進の推進力となった。
導入からわずか2年で「ギブリ」レンジ3モデル合計1,600台以上を販売している。
このうち、RWD(後輪駆動)の「ギブリS」と、AWD(四輪駆動)の「ギブリ S Q4」は、最高出力 410 馬力を誇るダイナミックな走りを味わえる新型3.0リッターV6ツインターボエンジンを搭載。
2015年9月からは、EURO6 対応新エンジンとなり、環境性能と安全性をさらに強化。快適かつ力強いドライビングエクスペリエンスをもたらすという。


「ギブリ」導入2年を記念して登場する特別限定モデル「ギブリ スカテナート」は、イタリア語で「解き放たれた」という意味を持つ「スカテナート」を冠し、内外装に一層の個性を加える数々の日本特別仕様を施した。
マセラティ伝統のシャドー・ラインにより、トリムをブラックアウト。
ドアハンドルはボディ同色のホワイトとし、エレガントなデザインに精悍な雰囲気を加えた。


フロント・グリルのトライデントとイタリア語で「光」「稲妻」という意味を持つサエッタ・ロゴにはマセラティのコーポレート・カラーを表すブルー・アクセントが施されたのに加えて、ブルー・ブレーキ・キャリパーを採用。
車名が入ったデディケーション・プレートと共に、「スカテナート」が特別なモデルであることを物語っているという。
さらにマセラティのDNAであるモータースポーツの技術を汲む鍛造の21インチ・チターノ・ホイールを装備。
軽量かつ高い強度を持ち、存在感のあるデザインと特別限定のガンメタリック・カラーのホイールは、この特別限定仕様車のスポーティな印象をひときわ高めたという。
「ギブリ スカテナート」は、400 万円を超える特別仕様(含メーカーオプション)を装備しながら、台数限定で魅力ある特別価格にて発売する。

■概要および消費税込み価格



■マセラティ 公式サイト
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index.html

■マセラティ ギブリ 公式サイト
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index/models/ghibli/ghibli.html