【SEMAショー2015】キッド・ロックがデザインしたシボレー「シルバラード3500HD」が登場(ビデオ付)
Related Gallery:2016 Chevy Silverado 3500 Kid Rock Concept

Related Gallery:Chevy Silverados at SEMA 2015

ロックスターは、堂々たる独自の世界観を持っているものだ。キッド・ロックがそんな自信を思う存分に注ぎ込んでデザインしたシボレー「シルバラード3500HD」SEMAショーに登場した。このクロームで飾られたピックアップトラックは、自身のヒットソング『ボーン・フリー』とミシガン州フリントにあるピックアップ工場を訪問したことからインスパイアされたもので、日々トラックの製造に従事している労働者を讃えることを意図しているという。

メタリックブラックのフレーク塗装が施されたシルバラードは、SEMAショー会場のライトを浴びて輝いていた。きらびやかなクロームが使われているのは、カスタム・グリルや煙突マフラー、22インチホイール、サイド・ステップなど。ボディのサイドには愛国心を表すシルバーの星条旗が流れるように描かれ、漆黒のボディに控えめなコントラストを与えている。後方のトレーラーには同様のイメージで仕上げられた2台のギブス社「クアッドスキー」が積まれており、このピックアップトラックの大きさを強調している。

アシッドウォッシュ・ジーンズからインスピレーションを受けたというインテリアは、Sky Cool Grayのレザーシートに、メタリックなインサートを組み合わせた。さらに、ミュージシャンらしく、カスタマイズされたKicker社製オーディオを搭載し、ドアシルとグローブボックスには「Made in Detroit」のロゴが施されている。キッド・ロックのシルバラーについて詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をチェックしてみよう。SEMAショーの会場で撮影したビデオもどうぞ。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー