ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2015年11月9日午前10時に以下を発表した。

ホンダは、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745cm3エンジンを搭載した「インテグラ」をモデルチェンジし、11月19日から11月22日までイタリア・ミラノで開催されるEICMA2015(ミラノショー)に、ワールドプレミアとして出品する。

インテグラは、モーターサイクルの走りとスクーターの利便性を融合した新しいコンセプト「SCOOTING MOTORCYCLE(スクーティング モーターサイクル)」として、2012年に販売を開始した。

今回は、LEDヘッドライトを採用して精悍なフロントフェイスとしたという。
また、新たに採用した異型断面のマフラーにより、ライダーに心地よいエキゾーストサウンドを提供するなど、各部の熟成を図った。



インテグラの主な特長
・「SCOOTING MOTORCYCLEの深化と高級感の向上」をスタイリングコンセプトに掲げ、LEDをヘッドライト(欧州仕様車に標準装備(一部の販売国を除く))とテールランプに採用することでよりスタイリッシュなフロントフェイスを実現

・新たにデザインしたコンパクトな異型断面マフラーを採用

・「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」に、新たなプログラムを設定


ホンダ(2輪) 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/