ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2015年11月9日午前10時に以下を発表した。

ホンダは、ミドルクラスのネイキッドロードスポーツモデル「NC750S」と「CB500F」をモデルチェンジし、11月19日から11月22日までイタリア・ミラノで開催されるEICMA2015(ミラノショー)に、ワールドプレミアとして出品する。( 画像:NC750S )

Related Gallery:Honda NC750S&CB500F EICMA2015

NC750SとCB500Fは、ともにLEDのヘッドライトとテールランプなどの採用により、さらにスタイリッシュな外観へと変更。また、新たに採用した異型断面のマフラーにより、ライダーに心地よいエキゾーストサウンドを提供するなど、各部の熟成を図った。

NC750S(リアビュー)


NC750Sの主な特長

・「マスフォワードプロポーションの深化とスポーツ感向上」をスタイリングコンセプトに掲げ、LEDをヘッドライト(日本仕様車に標準装備。欧州向けにはタイプ設定)とテールランプに採用することで、よりスタイリッシュなフロントフェイスを実現

・新たにデザインしたコンパクトな異型断面マフラーを採用

・「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」に、新たなプログラムを設定

このNC750Sは、欧州と日本での発売を計画しているという。


CB500F(サイドビュー)


CB500Fの主な特長

・「メカニカル&アグレッシブ」をスタイリングコンセプトに、LEDのヘッドライトとテールランプを採用し、精悍なイメージをさらに高めたスタイリングを実現

・新たにデザインしたコンパクトな異型断面マフラーを採用


CB500F(フロントビュー)


このCB500Fは、欧州とアメリカでの発売を計画しているという。

ホンダ(2輪) 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/