Range Rover Evoque Convertible
ランドローバーは世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブル・モデルとなる新型「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」を発表した。「レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル」は、高性能な装備や機能と最先端の格納式ルーフを備えた、オールシーズン対応のコンバーチブルに仕上げている。

Range Rover Evoque Convertible Range Rover Evoque Convertible
レンジローバー・ファミリーとしては、5番目の製品、そして初めてのコンバーチブル・モデルとなる「イヴォーク・コンバーチブル」は、「レンジローバー」の伝統である高級感と、4シート・デザイン、多用途性の高いラゲッジルームを備え、ランドローバーが設けた厳格な基準を満たすよう設計し、ボディ剛性、トレードマークでもある洗練性、高水準の安全性、多彩な独自能力・性能を確保。

Range Rover Evoque Convertible
ランドローバーのデザイン・ディレクター兼チーフ・クリエーティブ・オフィサーであるジェリー・マクガバンは、「『レンジローバー・イヴォーク・コンバーチブル』はオールシーズンに対応します。そのユニークで目を引くデザインと世界屈指のエンジニアリングにより、レンジローバー・ファミリーを新たな次元に引き上げます。魅力を増したこのモデルは羨望の的となるでしょう。」

Related Gallery:Range Rover Evoque Convertible
Range Rover Evoque Convertible Range Rover Evoque Convertible
「イヴォーク・コンバーチブル」の人目を引くエクステリア・デザインは、オリジナルのデザインに忠実でありながら、個性的なシルエットを生み出す洗練された現在市販されているクルマの中で最長、最大幅のファブリック・ルーフを採用。Z型に格納するメカニズムにより、ルーフを開けたスタイルは、リアボディを流線型で整然とした外観をもたらす。全自動ルーフは、時速30マイルまでの走行中であれば、18秒で開き、21秒で閉まる。

Range Rover Evoque Convertible
高級感あふれるインテリアの中心には、新開発の高解像度10.2インチのタッチスクリーン式、次世代インフォテインメント・システム「InControl™ Touch Pro」を搭載。
安全面においても、リアボディには展開式ロールオーバー・バーが収納された横転防止デバイスを搭載し、横転しそうな事態が発生した場合は、2本のアルミニウム・バーが90ミリ秒で展開し、乗員を保護する空間を確保。

Range Rover Evoque Convertible
2.0リッターINGENIUMディーゼル・エンジンは、55mpg(5.1リッター/100km)という低燃費と、149g/kmという低CO2排出量を実現し、高い効率性と優れたパフォーマンスを提供。

Range Rover Evoque Convertible Range Rover Evoque Convertible
新型「イヴォーク・コンバーチブル」は、5ドア・モデルやクーペ・モデルと同じく、ランドローバーの英国ヘイルウッド工場で生産され、2016年春より、世界170以上のマーケットで発売予定。


■ランドローバー 公式サイト
http://www.landrover.co.jp/index.html