ポルシェ、次世代型「911 GT3」にはマニュアル・トランスミッションを用意?
Related Gallery:2014 Porsche 911 GT3: First Drive Photos

ポルシェが、現行の「911 GT3」にデュアルクラッチ式トランスミッション「PDK」しか用意しないと知った時には、怒りを覚えた純粋主義者たちもいたことだろう。しかし、米自動車雑誌『Car and Driver』によれば、次世代型GT3にはマニュアルが戻ってくる可能性が高いようだ。今後、PDKの素早いシフトチェンジと従来のマニュアル・トランスミッションが持つ直接的な操作性を融合するべく、シュトゥットガルト(とヴァイザッハ研究開発センター)で開発が進められるという。ポルシェは現行の991型911で新開発の7速マニュアル・トランスミッションを導入した一方、GT3やさらにハードコアな「GT3 RS」にはその7速MTを設定しなかった。

より基本に戻ったクルマとの接し方を求める顧客の要望に沿うため、ポルシェは「911 R」と呼ばれることになるであろう新モデルを導入する準備を進めている。このモデルでは自然吸気エンジンとMTが組み合わされ、細めのタイヤでよりリニアな操舵感が楽しめる。ポルシェはまた、「ケイマンGT4」にはPDKではなくMTのみを設定した。ポルシェGTのチーフ、アンドレアス・プレウニンガー氏は、「GT3にはサーキットで威力を発揮するシステムが多数採用されているが、純粋主義者にとっては何か欠けているものがあったかもしれない」と『Car and Driver』誌に語り、「2通りのアプローチの中から顧客に選んでもらえるようにすることが、我々の長期的な目標だ」と続けた。なお、現行のGT3には、PDKだけでなく4輪操舵などの先進テクノロジーも搭載されている。

ポルシェがGT3をPDKのみにしたことや、ましてやSUVやディーゼルハイブリッド車へと傾倒していくことに納得ができなかった純粋主義者たちにとって、次期型GT3で"マニュアルへのシフト"が行われることは、間違いなく歓迎すべき展開となるだろう。しかしながら、次期型GT3のMTは、現行の「911カレラ」に搭載されている7速MTではなく、6速になる見込みだという。いずれにしても大半の顧客は、自分でシフトチェンジするしかないMTではなく、やはりPDKのオプションを選ぶだろう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー