Related Gallery:Toyota Camry TRD SEMA Concept

Related Gallery:Toyota Avalon TRD SEMA Concept

TRD(トヨタ・レーシング・ディベロップメント)は、今年もアフターマーケットの祭典であるSEMAショーに5台のコンセプトカーを出展した。

TRDがカスタマイズした今回のショーカーは、「アバロン」「カムリ」「カローラ」「ハイランダー(日本名:クルーガー。国内向けは販売終了している」)」「ランドクルーザー」の5台。全てボディ・カラーは同じシルバーで統一され、同じくシートにはTRDのロゴが刺繍されている。

「アバロン XLE ツーリング」は前後のサスペンションが1.5インチ(約3.8cm)低められ、TRDがチューニングしたストラット、クアッドチップが装着されたフリーフロー・キャットバック式(触媒から後ろを交換)デュアルエキゾースト、19インチ・ホイール+255/35R19タイヤが装着されている。



「カムリXSE V6」もローダウン・スプリングを組み込むことによって、前1インチ(約2.5cm)、後1.5インチ(約3.8cm)、車高が下げられている。こちらもアバロンと同様にストラット、デュアルエキゾーストが装着されるほか、ブレーキパッドも交換されているという。21インチ・ホイールに255/35R21タイヤを履く。

「カローラ LE Eco」はトランスミッションがCVTからTRD製6速MTに交換され、フリーフロー・シングル・エキゾースト、19インチ・ホイール、255/30R19タイヤを装着。サスペンションはカムリと同じだけ下げられている。



最もインテリアに手が加えられているのが「ハイランダー」だ。足回りは20インチ・ホイールと85/35R20タイヤを装着し、やはり車高が前1インチ、後1.5インチ、下げられている。

これまでの4台とは反対に「ランドクルーザー」のサスペンションはフロントが2インチ(約5cm)引き上げられ、リモートリザーバー・タイプのコイルオーバー・ショックアブソーバーを装備。20インチ・ホイールと285/55R20タイヤが組み合わされる。さらにスキッドプレートや、エア・シュノーケル、LEDライトが装着されたブラッシュガード、ブロンズ・カラーのチューブラー・ランニングボード、ルーフラックとカーゴポッド、デュアルチップ・エキゾーストなどが装着されている。

トヨタはこの5台のコンセプトカーについて積極的に意見を求めている。つまり、寄せられた意見のうち採用できそうなものがあれば(場合によっては全部)、それを反映した製品が販売店に並ぶかも知れない。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Toyota Highlander TRD SEMA Concept