Related Gallery:2016 Ford Cobra Jet Mustang

フォードによる、最新型ドラッグレーサー「コブラジェット・マスタング」の発表は、SEMAショーの伝統となりつつある。そして2016年モデルも期待を裏切らない出来映えだ。

ブルーをベースにネオンピンクとグレー、そして特徴的な数匹のコブラがペイントされた2016年モデルのコブラジェット・マスタングは、クォーターマイル(約400m)を8秒で走り抜けるという。フォードによれば、5.0リッターV8エンジンの約75%は「マスタングGT」と共通だが、このコブラジェットはウィップル製スーパーチャージャーなど、その内部に数多くの重要なアップグレードが施されている。さらにフォード・パフォーマンス部門は、足回りにリジッド・アクスル式リアサスペンション(そう、いまだ現役なのだ)を採用し、ドラッグレース仕様のショックアブソーバーとスプリングとレース用ブレーキを組み込んだ。車内にはFIA公認コルビュー製シートと5点式ハーネス、ロールケージが装備されている。

また、コブラジェットは「C-Max ハイブリッド」の電動ウォーターポンプを流用することで、エンジンを止めてもクールダウンが可能になっている。つまり、フォードのグリーン・テクノロジーが活かされているわけだ。

販売台数は例によって僅か50台のみで、フォード・パフォーマンスのトップ、デイブ・ペリキャック氏によれば、既にほぼ売約済みとのこと。メーカー希望小売価格は9万9,990ドル(約1,220万円)、オプションのグラフィックスとウィリーバーはそれぞれ1,995ドル(約24万円)となっている。コブラジェットには車両識別番号(VIN)が付与されず、「NHRA Stock」や「Super Stock」といったドラッグレースのクラスに認定されたパフォーマンス・パーツとして販売される(つまり公道走行不可)。






By: Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー