ホンダ、フェイスリフトされた「CR-Z」を米国でも発表!
Related Gallery:2016 Honda CR-Z

次期型ホンダ「CR-Z」は、ハイブリッド・パワートレインをやめて「シビック TYPE R」のターボチャージャー付き2.0リッター4気筒エンジンを搭載し、真のパフォーマンス・マシンになるのではないかと噂されているが、フルモデルチェンジはまだしばらく先になりそうだ。代わりにフェイスリフトが施された2016年モデルは、シャープなスタイリングにアップデートされ、新しいテクノロジーが採用されている。だが、ハイブリッド・パワートレインはこれまでと変わらない。

先ごろマイナーチェンジされた日本仕様と同じく、米国仕様の2016年型CR-Zも新たなフロントグリルを採用しフェイスが変更された。フロントディフューザーはエアダムと斜めに交わり三角形を構成し、その内側にフォグランプが埋め込まれている。フロントのスタイリングに合わせて、リアバンパーのデザインも変更された。

ホンダのデザイナーは、電子パーキングブレーキを採用することで、インテリアもマイナーチェンジした。"マイナー"といっても、レバーがなくなり、そのスペースにアームレスト付きのセンターコンソールが収まっているのだから、それなりのレイアウト変更だ。さらに、ドライバーは標準装備される7インチの「ディスプレイオーディオ・システム」で、インフォテインメントをもっと楽しめるようになる。「EX」トリム以上のモデルには、同社の安全確認補助システム「LaneWatch」が搭載され、ディスプレイにその情報が表示されるとのこと。最上位「EX-L」トリムでは、ナビゲーションシステムとヒーター付きレザーシートも装備される。

パワートレインは変わらなくても、2016年モデルはドライビング性能が多少は向上しそうだ。ホンダのエンジニアたちは、フロントスタビライザーの直径を1mmほど太くし、リアのトレッド幅を10mm広げた。ブレーキディスクは、フロント10.3インチ、リア10.2インチだったものが、前後とも11.1インチに拡大されている。

米国仕様の2016年モデルでは、トリムの設定が「LX」「EX」「EX-L」へと変更され、価格もわずかに上昇。ベースモデルは昨年のモデルの2万965ドル(約257万円)から2万1,130ドル(約260万円)へ、配送料も820ドル(約10万1,000円)から835ドル(約10万2,500円)へアップした。米国における今年1月~9月までのCR-Zの販売台数は2,205台と、前年比25.1%減だったが、今回のフェイスリフトによるセールスアップは十分期待できるだろう。さらなる詳細はプレスリリース(英語)をご覧いただきたい。日本仕様のマイナーチェンジに関してはこちらの記事をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー