【東京モーターショー2015】尿素でクルマが走る時代がくる!? ダイハツ、CleaN2 Fuelを展示!!
ダイハツは、現在開催中の東京モーターショー2015で、化石燃料ではなく、水素でもないカートリッジ式の液体燃料であるCleaN2 Fuel(水加ヒドラジン)を使った燃料電池による近未来の暮らしのモデル展示を行っている。

化石燃料は使用時、排気ガスを出し、水素は大きな燃料タンクを必要とするが、CleaN2 Fuelは、発電後に水と窒素しか出さず、灯油のように取り扱うことができるとのことだ。

Related Gallery:TMS2015 Daihatsu CleaN2 Fuel


これが、CleaN2 Fuelを充填したイメージしたボトル。

CleaN2 Fuelは、液体状態で存在し、灯油の容器のようなポリタンクでも充分保管できるという取り回しのよい燃料とのことだ。

こんな小さなボトルで大丈夫なのかと質問したところ、実際にクルマを動かすとなるとガソリンぐらいの容量が必要とのことなのでこの展示はあくまでイメージとのことだ。

しかし、省電力の電気製品、例えば携帯電話の充電用の燃料電池などではこのぐらいでも充分使えそうだ。



今回の展示では、工場で作られたCleaN2 Fuelをボトルに充填して、運んで別の場所で電気に変えて使うことができるという内容の展示となっている。

CleaN2 Fuelは、尿素を原料として工場で大量生産することができるという。実用化されれば、化石燃料に頼ることなく安定的にエネルギー供給できそうだ。


今回のデモでは、専用のボトル容器を充填口に逆さまに差し込むだけで簡単に充填できるようになっている。

人の手に触れることのないように、弁がついているので、充填は子どもでも簡単にできる。なお、手に触れた場合は、毒性はないものの、強いアルカリ性のため、手では触れないほうが良いとのこと。


先ほどボトルに充填したCleaN2 Fuelを使って発電しているイメージのモデル。

ガソリンタンクのように重い金属容器に入れる必要がない点は非常に魅力的だ。また、室内での使用でも水と窒素しか出ない点もクリーンで使い勝手が良さそうだ。

高価で希少な貴金属触媒を使うことなく、CleaN2 Fuelから直接電気を取り出すことができるので、発電ユニットなども安価になることが期待できる。

現在水素を使った燃料電池車が続々登場してきているが、もしCleaN2 Fuelが実用化されれば、タンクがコンパクトになるため、燃料電池車の普及が爆発的に広がるかもしれない。

■ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/