10月26日、国内メーカー7社が2015年9月度および4〜9月累計 の『生産・国内販売・輸出実績』を発表した。( 画像:スバル XV 2016モデル )


( トヨタ MIRAI )

トヨタ自動車株式会社

<2015年9月>
国内生産は300,835台(101.0%)と2ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
海外生産は北米・中南米・欧州・オーストラリアで増加し、526,363台(102.0%)と、2ヶ月振りに前年同月実績を上回った。
国内販売は、乗用車119,755台(98.3%)、商用車15,002台(100.1%)、合計134,757台(98.5%)と、2ヶ月振りに前年同月実績を下回った。
レクサスブランド車の販売は4,536台(97.1%)。
軽自動車の販売は2,217台(91.0%)。
除軽市場におけるシェアは43.3%(前年同月差+0.7ポイント)、含軽市場におけるシェアは28.1%(前年同月差+1.7ポイント)となった。
輸出は、欧州・アジア・オセアニア・中近東・アフリカに向けた輸出が減少し、170,073台(99.98%)と、前年同月実績を下回った。

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産:1,560,873台(97.6%)
海外生産:2,872,341台(99.3%)
国内販売:705,570台(101.1%)
輸出:867,026台(96.4%)

トヨタ自動車株式会社 公式HP
http://toyota.jp/



ダイハツ工業株式会社

<2015年9月>
国内生産は55,523台(95.0%)と9ヶ月連続で前年同月実績を下回った。
海外生産はインドネシアで減少し、22,461台(82.6%)と2ヶ月振りに前年同月実績を下回った。
国内販売は、54,324台(88.4%)と2ヶ月振りに前年同月実績を下回り、軽自動車の販売は54,200台(88.3%)と2ヶ月振りに前年同月実績を下回った。
軽市場におけるシェアは31.2%(前年同月差+1.1ポイント)。
輸出は、中南米・アジア・中近東に向けた輸出が増加し、969台(147.9%)と、8ヶ月連続で前年同月実績を上回った。

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産:304,044台(82.7%)、軽自動車が減少し、3年連続で前年同期実績を下回った。
海外生産:136,544台(87.7%)、インドネシアが減少し、6年振りに前年同期実績を下回った。
国内販売:262,708台(85.7%)、軽自動車、登録車ともに減少し、3年連続で前年同期実績を下回った。
輸出:5,279台(131.8%)

ダイハツ工業株式会社 公式HP
http://www.daihatsu.co.jp/




( 画像左:ダイハツ キャスト アクティバ / 画像右:ホンダ VEZEL )


本田技研工業株式会社

<2015年9月>
国内生産は68,897台(89.5%)と14ヵ月連続前年割れ。
海外生産は325,911台(104.0%)と7ヵ月連続で前年を超え、単月として過去最高となった。
国内販売は登録車35,557台(84.9%)、届出車32,279台(88.3%)、合計で67,836台(86.5%)と12ヵ月連続で前年割れとなった。
主な車種の販売実績は、登録車では「フィット:8,546台」「VEZEL:6,311台」、届出車では「N-BOX:17,452台」「N-WGN:8,954台」となっている。
輸出は、北米・欧州・アジアともに増え、合計5,495台(179.0%)と3ヵ月連続前年超えとなった。

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産は326,228台(69.7%)と2期ぶりの減。
海外生産は1,945,843台(109.1%)と4期連続増、上半期実績として過去最高となった。
国内販売は登録車185,599台(87.4%)、届出車145,176台(85.0%)、合計で330,775台(86.3%)と2期振り減となった。
輸出は、北米が減、欧州・アジアは増、合計24,391台(143.5%)と3期振り増となった。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/



日産自動車株式会社

<2015年9月>
国内生産は、主に「エクストレイル」の台数増により、72,662台(同+2.1%)と前年実績を上回った。
海外生産は、363,610台(同+0.6%)と前年実績を上回り、9月として過去最高を記録した。
主に、米国は「ムラーノ」の純増により、86,076台(同+3.7%)と前年実績を上回り、9月として過去最高を記録。
また、メキシコは、主に「NP300フロンティア」、「ヴァーサ」の台数増により、70,382台(同+4.2%)と前年実績を上回り、9月として過去最高を記録した。
国内販売は、全体で56,544台(同-8.3%)と前年実績割れ、国内登録は37,622台(同-5.5%)、軽自動車は18,922台(同-13.4%)と共に前年実績を下回った。
輸出は、36,954台(同-7.6%)と前年実績を下回った。

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産は、416,457台(同+0.7%)と前年実績を上回った。
海外生産は、2,103,881台(同+3.1%)と前年実績を上回り、4月〜9月累計として過去最高を記録した。
中でも米国は、473,828台(同+2.1%)と前年実績を上回り、4月〜9月累計として過去最高を記録。
また、メキシコは、412,164台(同+1.9%)と前年実績を上回り、4月〜9月累計として過去最高を記録した。
国内販売は、全体で264,793台(同-9.0%)と前年実績割れ、国内登録は176,061台(同-3.7%)、軽自動車は88,732台(同-17.9%)と共に前年実績を下回った。
輸出は、249,727台(同+6.9%)と前年実績を上回った。

日産自動車株式会社 公式HP
http://www.nissan.co.jp/





( 画像左:日産 エクストレイル HYBRID / 画像右:スバル XV )


富士重工業株式会社

<2015年9月>
国内生産は、レガシィ/アウトバック、インプレッサ/SUBARU XVなどの増加が他車種の減少をカバーし、63,153台(同+1.2%)と4ヶ月連続前年超え、9月単月として過去最高となった。
海外生産は、北米でレガシィ/アウトバックの好調が続いており、21,182台(同+1.1%)と15ヶ月連続前年超え、9月単月として過去最高となった。
国内販売は、登録車が11,412台(同-24.8%)とインプレッサ/SUBARU XVなどが増加したが、レヴォーグ(2014年6月発売)の減少により4ヶ月連続前年割れ、軽自動車は、3,583台(同-18.8%)とプレオ、サンバーの減少により、6ヶ月振り前年割れ、合計14,995台(同-23.5%)と4ヶ月連続前年割れ。
輸出は、北米向けのインプレッサ/SUBARU XV、欧州・豪州向けのアウトバックが増加し、49,474台(同+11.4%)と4ヶ月連続前年超え、9月単月として過去最高となった。

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産は、レガシィ/アウトバック、インプレッサ/SUBARU XVの増加が寄与し、347,771台(同+1.1%)と4期連続前年超え、同期間として過去最高となった。
海外生産は、2014年にモデルチェンジしたレガシィ/アウトバックの好調が持続しており、111,874台(同+21.5%)と2期連続前年超え、同期間として過去最高となった。
国内販売は、登録車が50,842台(同-11.7%)と2014年6月発売のレヴォーグの減少が大きく、2期連続前年割れ、軽自動車は、17,493台(同+11.1%)、前年同期は消費税増税の反動減で大きく減少しており、今年は前年を超え、5期振りの前年超え、合計68,336台(同-6.8%)と2期連続前年割れとなった。
輸出は、北米向けのインプレッサ/SUBARU XV や WRXが期間を通じて好調、283,937台(同+8.6%)と4期連続前年超え、同期間としても過去最高となった。

富士重工業株式会社 SUBARU公式HP
http://www.subaru.jp/



マツダ株式会社

<2015年9月>
国内生産は、乗用車が89,109台(同+4.4%)、商用車が1,423台(同-0.8%)、合計90,532台(同+4.3%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った。
主要車種は「CX-5」「アテンザ」「CX-3」
海外生産は、乗用車が46,320台(同+32.9%)、商用車は3,695台(同-11.2%)、合計50,015台(同+28.2%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った。
主要車種は「アクセラ」「アテンザ」「デミオ」
国内販売は、乗用車22,590台(同+17.8%)、商用車が2,343台(同-2.5%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った(同+15.5%)。
シェアは登録車が6.7%(前年同月差+1.7ポイント)、軽自動車が2.6%(同−0.3ポイント)、総合計は5.2%(同+1.0ポイント)。
主要車種は「デミオ」「アクセラ」「CX-3」
輸出は、北米・欧州・オセアニアなどの増により、合計77,624台(同+10.0%)と前年同月実績を上回った。
主要車種は「CX-5」「アクセラ」「アテンザ」

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産は、乗用車が469,482台(同+2.4%)、商用車が7,486台(同-6.0%)、合計476,968台(同+2.3%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った。
主要車種は「CX-5」「アクセラ」「アテンザ」
海外生産は、乗用車が268,523台(同+53.6%)、商用車は22,194台(同-7.8%)、合計290,717台(同+46.1%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った。
主要車種は「アクセラ」「デミオ」「アテンザ」
国内販売は、乗用車108,422台(同+38.0%)、商用車が11,774台(同-0.8%)、乗用車が増となり、前年同月実績を上回った(同+32.9%)。
シェアは登録車が6.8%(前年同月差+2.4ポイント)、軽自動車が2.3%(同−0.2ポイント)、総合計は5.2%(同+1.5ポイント)。
主要車種は「デミオ」「CX-3」「CX-5」
輸出は、北米・欧州などの減により、合計372,808台(同-3.0%)と前年同月実績を下回った。
主要車種は「CX-5」「アクセラ」「アテンザ」

マツダ株式会社 公式HP
http://www.mazda.co.jp/




( 画像左:マツダ アテンザ / 画像右:スズキ エブリイ )


スズキ株式会社

<2015年9月>
国内生産は、国内・輸出向けが共に減少し、72,075台(83.8%)と7カ月連続減、前年を下回った。
海外生産は、ハンガリー・パキスタン・タイ等が増加し、176,692台(102.8%)と11カ月連続増、9月として過去最高となった。
国内販売/軽四輪車は、キャリイやエブリイが増加したものの、50,865台(80.9%)と9カ月連続減、全体では前年を下回った。
国内販売/登録車は、新型ソリオが増加し、7,434台(114.6%)と17カ月振りに前年を上回った。
輸出は、欧州・中南米・アフリカ向け等が減少し、8,662台(70.5%)と6ヶ月連続減、前年を下回った。

<2015年度累計4月〜9月>
国内生産は、国内・輸出向けが共に減少し、453,795台(87.2%)と2年振り減、前年同期を下回った。
海外生産は、インド・パキスタン・タイ等で増加し、1,035,400台(106.3%)と4年連続増、半期間の実績で過去最高となった。
国内販売/軽四輪車は、エブリイを除き、270,579台(82.3%)と4年振り減、前年同期を下回った。
国内販売/登録車は、スイフト等が減少し、33,712台(88.5%)と3年連続減、前年同期を下回った。
輸出は、欧州・中南米・アフリカ向け等が減少し、58,851台(78.2%)と5年連続減、前年同期を下回った。

スズキ株式会社 公式HP
http://www.suzuki.co.jp/