【東京モーターショー2015】ホンダのプレミアムミニバン「オデッセイ」にハイブリッドが追加!
Related Gallery:Honda Odyssey Hybrid: Tokyo 2015

今年の東京モーターショーのプレスデーで、ホンダはゲームチェンジャーになるであろうクルマのことには全くと言っていいほど言及しなかった。大勢の人がミニバンを運転し、大勢の人がハイブリッド車(HV)を好む今、日本ではハイブリッドタイプのミニバンが販売されている。しかし、今までホンダは人気のプレミアムミニバン「オデッセイ」にハイブリッドパワートレインを搭載していなかった。それが今、変わろうとしている。それなのに残念ながら、プレス・カンファレンスでは、その話に触れられることはなかった

ホンダ・ブースのフロアには「オデッセイ ハイブリッド」が展示されており、ホンダがプレス向けに配布した資料によると、「優れた環境性能とモーターならではの力強い加速」を両立する、「進化した」2モーターハイブリッドシステム「Sport Hybrid i-MMD」パワートレインを搭載するという。さらに初めてバッテリーと制御装置を一体化したユニット「IPU(the Intelligent Power Unit)」を1列目シートの下に設置することで、「広々とした室内空間を確保」すると同時に「新たな運転感覚」をもたらし、「ミニバンの"移動する喜び"をさらに広げる」という。

装備も充実しており、豪華なシートに、ダークカラーのマイクロファイバーで装飾されたダッシュボード、それにすぐにでもうたた寝できそうな独立式シート。家族を乗せて環境に優しい移動を可能にするミニバンは居心地も良さそうだ。

ホンダはオデッセイに搭載するハイブリッドシステムの燃費性能について詳細を発表していないが、最初に噂された時にはガソリン使用量が50パーセント削減できるという話だった。気になる発売時期については、2016年春頃と言われている(ちなみに、米国のオデッセイは全くの別物なので、米国でこのハイブリッドが発売される予定はないようだ)。


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー