10月28日に開催された『第44回東京モーターショー2015』のプレスカンファレンスにおいて、スズキは参考出品車を追加公開、そのうちの1台に「ALTO WORKS(アルト ワークス)」の出展もあった。

『走りをとことん楽しむために、できることをすべて。』

そんなテーマで紹介された「アルト ワークス」
プレス発表で配布された資料等を参考に、その内容は以下のとおりである。

■「アルト」のターボモデルに5MTを搭載、意のままに操る楽しさを手に入れた「アルトワークス」

■ショートストロークならではのスポーティかつダイレクトなシフトフィーリング、シフトチェンジの楽しみを味わえる。

■エンジンは最大トルクを向上するとともに、アクセル操作にダイレクトに反応する加速フィーリングを実現。

■専用チューニングを施した足回りは、コーナリング時の挙動変化を抑え、ダイレクトな操舵感を得られるスポーティーな特性。

■ホールド性の高い専用レカロ製シートを採用。

■内外装ともに硬派な走りを予感させるデザイン。

■ボディは「アルト」と同様に、軽量化と高い安全性を両立した新軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」を採用。

・全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,500mm
・パワーユニット:658㎤直列3気筒インタークーラーターボエンジン
・駆動方式:2WD
・トランスミッション:5MT


代表取締役社長 鈴木 俊宏 氏は、東京モーターショーで「アルト ワークスは、間もなく皆様にお届けできる意欲的な商品」と話した。
発売まで楽しみに待ちたい。


【東京モーターショー2015】スズキ プレスカンファレンス(ビデオ)はこちら
http://jp.autoblog.com/2015/10/28/tms2015-suzuki-press/


スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/