【東京モーターショー2015】魅惑的な軽量スポーツカー、ヤマハ「スポーツライド コンセプト」
Related Gallery:Yamaha Sports Ride Concept: Tokyo 2015

ヤマハ発動機は、自動車用部品の開発や製造も手掛けているとはいえ、四輪車よりも主に二輪車事業に重点を置いている。それは現在開催されている東京モーターショー出展モデルを見ても明らかだ。しかし同社は今回、実に興味深い四輪のスポーツカーも発表し、会場では多くの注目を集めていた。

スポーツライド コンセプト」と名付けられたこのコンセプトカーのコンパクトなデザインは、オートバイに乗る時の感覚を四輪で表現したものであるという。車体サイズはマツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)に近いが、車両重量はもっと軽く750kgしかない。このコンパクトなボディは大胆なほど魅惑的なスタイリングをまとっており、まさしく日本らしさを感じさせると同時に、特にグリーンハウス(ガラスで固まれた部分)の辺りは「マクラーレン P1」などのスーパーカーと似ていなくもない。

しかしこれは全くの偶然ではない。なぜなら、デザインは社内でなされたとしても、2年前の東京モーターショー 2013で発表されたシティカーのコンセプト「MOTIV」と同様に、このスポーツライド コンセプトはゴードン・マーレー・デザイン社が提唱する軽量・高剛性な車両構造「iStream」に基づいているからだ。言うまでもなく、同社を率いるゴードン・マーレー氏は、あの伝説的な「マクラーレン F1」の設計を手掛けたデザイナーである。

発想や車体構造については置いておくとしても、ダークグレーに塗られたスポーツライド コンセプトはヤマハ・ブースで一際目を引く。サドルブラウンのレザーが張られたインテリアと、カーボンファイバーやメタルのアクセントは、パガーニ「ウアイラ」のようなスーパーカーを思い起こさせる。だが車体はもっとずっと小さく、おそらく小排気量のエンジンが搭載されるのだろう。もし市販化するのであれば、価格も手に入れやすい水準に設定してほしい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー