【東京モーターショー2015】次世代型「LS」を示唆するコンセプトカー、レクサス「LF-FC コンセプト」(ビデオ付き)
Related Gallery:Leuxs LF-FC Concept: Tokyo 2015

Related Gallery:Lexus LF-FC Concept

フラッグシップ・ラグジュアリー・セダンの市場で、レクサス「LS」は最も旧いモデルの1つだ。しかし、レクサスは近々それを変える予定であり、その次期LSがどのような姿になるか、現在開催中の東京モーターショーで示唆した。

「LF-FC コンセプト」と名付けられたこのショーカーは、次期型LSの方向性を明確に表している。先鋭と精妙の要素を併せ持つレクサスの最新デザインフィロソフィーを「L-finesse」採用し、大型のスピンドルグリルには独特のカッティングが施されたシャープな格子が全面に埋め込まれている。4ドアクーペのようなルーフラインはスポーティな走りを感じさせる一方で、後部座席のスペース拡大にも重点を置いているという。

パワーユニットには水素燃料電池が想定されており、最適な重量配分を実現するために、関連コンポーネントは車内に分散して設置されている。燃料電池システムは後輪を駆動するのに加え、前輪に搭載されたインホイールモーターにも電力を供給する4輪駆動となっている。21インチ・ホイールのリムはCFRP製、スポークはアルミ製で、ばね下重量の軽減に貢献。当然のことながら、車間距離を一定に保つ機能から自動運転機能まで、レクサス最新の運転支援技術が搭載されている。

室内はもちろん乗員のことを考えたデザインになっており、ホワイトとブラウンを基調としたインテリア・スペースには4つの独立したバケットシートが設置されている。そう、後部座席の真ん中を好んで座る人はいないからだ。インテリアはサテン仕上げの木目調とホワイトのメタル、ブラウンのレザーでレクサスに相応しく上品に仕上げられており、まるで次世代型航空機のファーストクラスのようだ。さらに、ホログラムのイメージが投影される空間に手をかざしてジェスチャー入力するシステムでは、オーディオや空調調節をタッチレスで操作できる。

コンセプトカーによくあることだが、LF-FCはおそらく市販されるモデルよりもワイドで低い。しかし、全長については5,300mmと、LSのロングホイールベース「LS600hL」よりも僅かに長い程度で、メルセデス・ベンツ「Sクラス」アウディ「A8」BMW「7シリーズ」ジャガー「XJ」マセラティ「クアトロポルテ」のロングホイールベース・モデルを少しだけ上回る。サイズだけでなく、次期LSの市販モデルが、ライバル勢と比較してどのように価格を設定してくるのかにも注目したい。





By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー