Related Gallery:DS Press Conference

60周年を迎えるフレンチプレミアムブランド「DS」が初出展

1955年のパリモーターショーでデビュー以来、DSは今もなお20世紀のフランス自動車業界を最も象徴するクルマとして人々に親しまれている。
この伝統をバックグラウンドに、2014年6月1日にシトロエンから独立し、立ち上げられたのが、「DSブランド」だ。

この東京モーターショーに初出展となるDSは、テーマを「エレガンス、テクノロジー、アヴァンギャルド」とし、スタイリッシュなデザインやテクノノロジー、ニーズに合わせてダイナミックに変化する快適性と、ディテールや素材にこだわったデザインを提案。
パリ発のフレンチプレミアムブランドとして、そのDSの世界観をブースで感じてほしい、という。


プレス発表では、アンベールされた最新モデル「NEW DS 4 CROSSBACK」(画像)を含む全5台が、日本初公開された。

また、上映されたムービーはDSが誇る名車と最新モデルを交えながらの仕立てで60年の歴史を感じさせるものだ。
そんなスクリーンの様子を含め、以下のプレスカンファレンスの動画で、60年のDSの歴史を感じていただきたい。



■DS 公式サイト
http://ds.citroen.jp/