2015 FIM MotoGP™世界選手権シリーズのどれか1戦を観るとしたら、オーストラリアのフィリップアイランドで先週末に行われた激戦、第16戦オーストラリアGPがお薦めだ。このレースをまだ観ていない方のために、スタートからゴールまで全てが必見のモータースポーツ・アクションだった、とだけ言っておこう。また、ワールドチャンピオンを9回獲得しているバレンティーノ・ロッシ選手や、共に数回のワールドチャンピオンに輝いているマルク・マルケス選手、ホルヘ・ロレンソ選手など、才能のあるライダーたちによる素晴らしいオートバイ・レースにあまり関心のない方でも、きっと興味を引くような驚く出来事が同レースの最中に起こった。

レースの2ラップ目でリードしていたイタリアのアンドレア・イアンノーネ選手が、左コーナーのある丘の頂上を高速で越えた直後、コースの中央にいた大きな白いカモメと遭遇。イアンノーネ選手はコースを修正したものの、カモメは飛び立とうとして同選手の前方に飛び出してしまった。イアンノーネ選手は体をかがめたが、ラッキーなことに、カモメは彼のヘルメットやタイヤには当たらなかった。しかし、彼の乗るドゥカティのフロント・フェアリングに激突してしまったのだ。カモメの方はラッキーとはいかず、結果は悲惨なことになった。

バイクにぶつかったカモメがその後どうなったかは不明だが、次のラップではもうそこにはいなかったので、トラックのスタッフが対処したと思われる。高速でぶつかった衝撃を考えると、カモメはほぼ間違いなく助からなかっただろう。一方、イアンノーネ選手はフィニッシュラインまで素晴らしいレースを継続した。それでは、偶然起こったバイクとカモメの衝突事故の様子をビデオでご覧いただきたい。






By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー