マクラーレン、顧客の熱い要望にこたえ「675LT スパイダー」を生産か
Related Gallery:McLaren 675LT: Geneva 2015

マクラーレンは、2015年3月のジュネーブ・モーターショーで、サーキット志向を強めた高性能限定モデル「675LT」を発表した際に、これはベースとなった「650S」と異なり、クーペ・モデルのみを生産するとしていた。しかし、その方針は顧客の要望により覆されるかもしれない。

オランダの自動車メディア『Autovisie』によると、ウォーキング(マクラーレンの本拠)は顧客から寄せられた熱い要望を受け、675LTのコンバーチブル・モデル「675LT スパイダー」を生産することに決めたという。販売台数は不明だが、クーペ・モデルが僅か500台限定だった(すぐに完売した)ことを考えると、コンバーチブル・バージョンも同じくらいになると思われる。コメントを求められたマクラーレンの広報担当ウェイン・ブルース氏は、検討中であるとだけ認め、「675LTはクーペとして考えているが、我々が検討しているスパイダーの派生モデルについては多くの問い合わせを受けている」と語っている。

マクラーレンの「スーパー・シリーズ」で最上級モデルとなる675LTは、同シリーズの650Sをベースにしているが、1990年代のレース仕様車「マクラーレン F1 GTR」の「ロングテール」バージョンにインスパイアされ、拡張されたボディワークでダウンフォースが増加している。さらに、3.8リッターV型8気筒ツインターボ・エンジンの最高出力は、650Sの650psから名前の通り675psに引き上げられ、乾燥重量は100kgに及ぶ軽量化で1,230kgとなっている。これにより0-100km/h加速は3.0秒から2.9秒に短縮された。

675LTの日本市場における販売価格は消費税込みで4,353万4,000円。ライバルはランボルギーニ「ウラカン」から「アヴェンタドール」に格上げとなり、「スーパー・シリーズ」の平均価格を上昇させた。675LT スパイダーはオープントップとなるため、このクーペよりほんの少し動力性能が劣り、わずかに価格が上がると思われる。しかし、これもすぐに完売してしまうことは間違いないだろう。


By: Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー