HONDA CRF1000L Africa Twin
 ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:神子柴 寿昭)は、現地時間10月16日午前10時に新開発の水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒998cm3エンジンを搭載した本格的なアドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」を発表した。

Related Gallery:HONDA CRF1000L Africa Twin
HONDA CRF1000L Africa Twin HONDA CRF1000L Africa Twin
 「CRF1000L Africa Twin」は、1990年代に大人気を博した「XRV750 Africa Twin」同様、オンロード、オフロードを問わず、世界中のさまざまな道に対応できるアドベンチャーモデルとして開発された。「どこへでも行ける」をコンセプトに、市街地走行から大陸横断ツーリングまで、幅広いシチュエーションで扱いやすく快適な走行を楽しむことができる。

HONDA CRF1000L Africa Twin
 新開発のエンジンは、軽量でコンパクトな設計ながら高い性能を発揮。軽量なセミダブルクレードルフレームを搭載し、オフロードでの優れた走行性能とオンロードでの機敏なハンドリングを両立。さらに、ホンダの独自技術である二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(以下DCT)」のコントロール性能を向上させたほか、ABSとHonda セレクタブル トルク コントロールを搭載したモデルもタイプ設定している。  スタイリングは、スリムなボディーでありながらダイナミックな面構成とすることで、冒険心を駆り立てるデザインを実現。

HONDA CRF1000L Africa Twin HONDA CRF1000L Africa Twin
 「CRF1000L Africa Twin」は、欧州にて12月中旬から順次発売し、欧州での発売後、北米や日本などでの販売を計画している。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp