OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最も革新的なラグジュアリー・セダンと称する「ニューBMW7シリーズ」がこの度お披露目となり、10月29日から販売開始の予定だ。
正に革新的ラグジュアリー機能を多数設定した製品紹介はあらためてご案内することとし、ここではラグジュアリー空間での発表会の様子を中心にご紹介したい。

Related Gallery:BMW-7series,Oct 2015

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA
東京駅近接、改装された会場『LOUNGE 7』(旧 BMWグループスタジオ)。
『ニューBMW7シリーズ製品発表記者会見』はここ『LOUNGE 7』で行われた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
BMWジャパン、代表取締役社長 ペーター・クロンシュナーブル氏はこの会見の冒頭に
「お客様ひとりひとりに "おもてなし" ができるよう、こじんまりとしたレストランをイメージしてこのようなラウンジへと改装いたしました」と会見場となった『LOUNGE 7』について紹介。

ラグジュアリーでかつこだわりの家具や調度品で設われたコンテンポラリー(現代風)な空間は、数席を配置したシアタースタイルに整えられ、発表会はスタートした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
前方スクリーンには、ニューBMW7シリーズが投影され、社長に続き、デベロップメント・ジャパン本部長 ルッツロートハルト氏(画像)より今回のイノベーションポイントが述べられた。

ポイントは以下のとおり。

■イノベーションな素材による軽量構造

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カーボン・ファイバー強化樹脂を随所に採用した革新的なボディ構造「カーボン・コア」により、ボディ剛性を向上するとともに、再生可能アルミニウムも多く取り入れ、先代モデルから最大130Kgもの軽量化を実現した。


■イノベーション機能を多数搭載し、さらに安全性を追求

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドライバーの手の動きを認識して車載コントロール・システムの操作が可能な「ジェスチャー・コントロール」や車外から(車内無人の状態で)リモコンで駐車をコントロールできる「リモート・コントロール・パーキング」「ドライビング・アシスト・プラス」等で、より安全性を高めた。


■ラグジュアリーな空間

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ラグジュアリー・セダンと呼ばれるにふさわしく、細部に渡り快適性を提供する機能が採用された。
「アンビエント・ライト」により照明カラーを選択でき、ラウンジのように車内後席を演出。
フロントシートに標準装備される「マッサージ機能」のシートにより、心地よいリラックス効果をもたらす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スクリーンでの説明を終え、イノベーションポイントにイメージが湧いたところで、スクリーンが上がり、その奥にはアンベールされた「ニューBMW7シリーズ」がお目見え。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここからはデザインを担当した本社デザイン部門エクステリア・クリエイティブ・ディレクター 永島譲二氏(画像)により今回のニューモデルのデザインポイントの説明があった。

■アクティブ・エア・ストリーム
フロントのグリルバーとその内部に組み込まれたエア・フラップは、通常時は空気抵抗を減少させるために閉じているという。
冷却が必要なときに自動的に開き冷却気を供給する「アクティブ・エア・ストリーム」を初採用した。

■車体の幅を広く低く薄く見せるデザイン
ヘッドランプからグリルまでのライン、ジッケラインからドア下のラインなど、水平ラインを要所で作り、重心を低くかつ重くならないような視覚的効果を取り入れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その後は、このラグジュアリーな空間でアンベールされた「ニューBMW7シリーズ」を堪能できる時間へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA
冒頭の社長の話のとおり、そう多くはない来場者に対しレストランでのおもてなしのように、各スタッフからの説明の時間もゆっくりと設けられた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もちろん、室内はラグジュアリーな空間で満たされる。

ここでは紹介しきれない多数の革新的なテクノロジーとラグジュアリーな要素満載の「ニューBMW7シリーズ」は、ぜひ、その多彩な要素を実際に見て体感していただきたい。

社長挨拶の最後は、
「他の製品にもこのテクノロジーとラグジュアリーな要素を同様に搭載していくことで、新たなユーザーの開拓をさらに進めていきたい」と締めくくられた。


■BMWジャパン 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/jp/ja/index.html

■ニューBMW7シリーズ 公式サイト
http://www.bmw-new7.jp/