フォード、スポーティーで刺激的に仕立てた4台の「エクスプローラー」をSEMAに出展
Related Gallery:Ford Explorer at SEMA 2015

フォードは、11月3日から米ラスベガスで開催されるSEMAショーに、カスタマイズした4台の「エクスプローラースポーツ」を出展すると発表。一足先にその画像を公開した。

ブロンズ色にカラーリングされたボディが目を引く「オールスター・パフォーマンス」は、「行き先を問わない究極のロードトリップ車」としてデザインされたモデルだ。アップグレードの内容には、新型のエキゾーストやインタークーラー、2.5インチ・リフトキット、ADV.1製29インチ・ホイールにトーヨーのオフロードタイヤ、Baer製のブレーキなどが含まれる。さらにThule(スーリー)のルーフバスケットや、フロントとリアにLEDライトバーを装着し、スウェードとレザーが張られた車内にはソニー製のオーディオシステムを備える。

燃えるようなメタリック・オレンジと黒のコントラストが印象的な「プロジェクト・ワンダーラスト」には、カーボンファイバー製のワイドボディキットとルーフボックス、LEDカスタムライトなどを装着。サスペンションはローダウンされ、トーヨー「PROXES」タイヤを装着した24インチ・ホイールの内側には15インチのブレーキディスクが装備されている。また、インテリアやエンジン周りのパーツについても、数多くのアップグレードがなされているという。

MAD Industries社が手掛けたというモノトーンのコントラストが鮮やかなモデルは、どこかレンジローバーを思わせる。こちらも24インチ・ホイールを装着しているが、タイヤは「ピレリ スコーピオン」、サスペンションはアイバッハ製となっている。エンジン自体には手を入れず、吸排気系のみをライトチューンしているようだ。何よりも魅力的なのは黒のレザーとスウェードに白いステッチが施されたインテリア。アルミニウムのペダルや特製のフロアマット、スモーク加工されたウィンドウ、カスタム照明やアップグレード版のインフォテインメントシステムなどが装備され、ラグジュアリーな仕立てになっている。

そして最後は、エキサイティングなインカ・ゴールドに塗られたモデル。アイバッハ製ローダウン・スプリングに、20インチのモジュラーホイールを装着し、サイドウォールの赤いラインが特徴的なタイヤはニットー製。フロント・バンパーにモディファイを施し、内装はKatzkin製のレザー・シートカバーが装着されている。

それでは早速、ビデオとギャラリーの画像で4台のエクスプローラースポーツをチェックしてみよう。詳細について知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。




Related Gallery:Ford Explorer at SEMA 2015

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー