【CEATEC2015】グランプリを受賞したホンダ「パワーエクスポーター 9000」
アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展のCEATEC JAPAN 2015(シーテック ジャパン)が、10月7~10日まで千葉県の幕張メッセにて開催された。

過去には多数の自動車メーカーが出展していたが、年々縮小傾向で、今年は自動車メーカーとしてホンダのみが出展していた。

ブースには巨大な給電気をモチーフにしたオブジェが施され、人々の目を引いていた。
Related Gallery:CEATEC JAPAN 2015 Honda


車両としては、唯一「FCVコンセプト」が出展された。(FCVコンセプトについての詳細はこちら。)

説明員によるとこのFCVコンセプトをベースとした量産モデルが東京モーターショーで公開されるが、その量産モデルについては、販売orリースなのか、いくらなのか、いつから販売なのかということ等すべてが、東京モーターショーまで秘密とのことであった。


ホンダというと2輪や4輪のイメージが強く、発電機という印象を持っている人はあまり多くないと思うが、昔から様々なモデルを発売してきた実績がある。

通常、電化製品を過去から現在までのモデルを展示する際、だんだんコンパクトになっていくのが一般的だが、今回の展示はだんだん大きくなっていく、つまり容量が大きくなっていくのが興味深かった。


手前に展示されているのが、E40と呼ばれるホンダのポータブル発電機の元祖となる商品。

ソニーのマイクロテレビ用に開発された携帯発電機とのこと。ホンダの最初のポータブル発電機がソニーブランドだったとは驚きだ。

小型で軽量、静粛性の実現、家電並みの使い勝手が評価され、後に、E80、E100として出力UPしたモデルも投入されたとのことだ。

ちなみに搭載されているエンジンは強制空冷の4ストローク単気筒エンジンで、排気量は21.2ccであった。


そして、シーテック2015 グリーン・イノベーション部門でグランプリを受賞したモデルが、最新のV2L対応外部給電気である「パワーエクスポーター 9000」だ。

先ほど紹介したモデルは燃料を使って発電するが、このパワーエクスポーター 9000は、同じ電力を供給するユニットではあるが、発電はしない。

EVやPHEV、FCVなどから供給された直流の電力を家庭で使える100Vや200Vの交流で出力できるものなのだ。


画像は一見FCVコンセプトを充電しているように見えるが、逆に電力をFCVコンセプトから出力しているところだ。

本来、水素で発電するFCVコンセプトは充電する必要がないため、充電口のようなものは不要だが、あえて装備された背景は、FCVコンセプトから電力を出力するために用意されたとのことだ。

FCVコンセプトの量産版が発売された際は、今回出展されたパワーエクスポーター 9000が合わせて使えるようにオプション販売されるとのことであった。

パワーエクスポーター 9000は、FCVだけではなく、V2Lガイドライン2.1に準拠しているため、対応したEVやPHEVから電力供給を受けて交流電力を出力することが可能だ。


説明員に対し、すでに他社のハイブリッド車にも1200Wまでの交流100V出力ができるような装備もあり、わざわざこのような大型なものが必要かと質問したところ、それらとは全く電力品質が異なり、医療器具をつないでも安定的に電力供給できるのがこの製品の特長であり、車両に装着されたもので、そのようなものは今のところ存在しないとの回答を頂いた。

なお、パワーエクスポーター 9000は、100Vが6口、200Vが1口用意されており、4軒分の家庭で使う電力を安定的に供給することができるとのことだ。


祭りの屋台で、燃料を使った発電機を使って火災が起きた事件があったが、FCVコンセプトの量産版とパワーエクスポーター 9000があれば、そのようなことは避けられるに違いない。

定格出力9kVAと大きな出力があるので、祭りやイベントの他、地震、洪水など被災地で電力が供給されない事態が発生しても、活躍しそうだ。

ハイブリッド車と違って水素を使った燃料電池車は、排ガスを出さないため、屋内での使用も可能。燃料電池車が広まることで、ライフスタイルが大きく変わるに違いない。

■本田技研工業株式会社 公式サイト
http://www.honda.co.jp/