ヤマハ発動機は、第42回国際福祉機器展 H.C.R2015に、車いすのデザインコンセプトモデルである「02GEN」を出展した。

実用的でシンプルな車いすや、カーボンやチタンを使ってスポーティに仕上げた車いすが多い中、美しくエレガントなデザインは、多くの人の目にとまっていた。
Related Gallery:H.C.R2015 Yamaha


「02GEN」は、2014年11月に国際ユニヴァーサルデザイン会議 2014で発表されたコンセプトモデルだ。

創立以来、一貫して"デザイン"を製品づくりの重要な柱として位置づけているヤマハは2013年、「Refined Dynamism(洗練された躍動美)」をデザインフィロソフィーとして掲げ、ヤマハらしさを具現化する製品の開発を行っている。

このフィロソフィーに基づき、新しい価値観を持つ製品の提唱・創生に常に"挑戦"を続けるヤマハが提案するデザインコンセプトモデルが「GEN」だ。

第1弾として「オン&オフのクロスオーバー」をコンセプトに掲げたマルチホイールモデル「01GEN」が生み出され、「02GEN」はこれに続く第2弾となっている。


この「02GEN」のコンセプトは"Merge(マージ)"だ。

ヤマハが電動アシスト自転車PASで培ってきた電動アシスト技術をベースに、「さっそうと操り、美しくしなやかに動く 使い手の個性に寄り添い、魅せたくなる車いす」を具現化したものとなっている。


電動アシスト車いすとしての機能性や安全面の視点を織り込みながら、快適性を追求し、座った姿勢の美しさ、人と車いすの一体感にこだわったデザインに仕上げられている。

これまでの多くの車いすは医療機器の延長上でデザインされているが、このようなエレガントなデザインの車いすは単なる道具としてではなく、楽しさや贅沢さを感じさせるものに仕上がっており、非常に好感が持てる。

あくまで現時点ではコンセプトモデルではあるが、このようなエッセンスを取り入れたモデルの投入を期待したい。

■ヤマハ発動機 公式サイト
http://global.yamaha-motor.com/jp/

■02GEN 公式サイト
http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/design/features/concepts/02gen/