【福祉機器展2015】「MINI クロスオーバー」がスライドドア化されている理由とは?
10月7~9日に開催された「国際福祉機器展 H.C.R2015」のオフィス清水のブースには、なんと「MINI クロスオーバー」をスライドドア化したデモカーが出展された。

説明員によると、MINI クロスオーバーをスライドドア化した理由は、車いすでの使用を考慮してとのことであった。
Related Gallery:H.C.R.2015 BMW MINI Crossover


フロントから見ると普通のMINI クロスオーバーにしか見えないが、福祉車両として様々なカスタマイズがされており、車いすでの生活をサポートしてくれる頼もしい味方なのだ。


通常の後席ヒンジドアの車両の場合、車いす使用者が運転しようとすると、車いすから運転席に乗り移ったあと、車いすを車外から車に載せることは一人では難しい。

写真のようにスライドドア化することにより、運転席から後席へ車いすを載せるアクセスが容易にできるようになるのだ。


スライドドアの開口部はそれほど大きくはないが、車いすを充分載せることができるスペースを確保しているとのことであった。

ファミリーの使用であってもスライドドアの方が、狭い駐車場で子供が乗り降りする際に、隣の車へのヒットを気にすることなく使えるため便利なので、純正モデルでもスライドドアの設定もあるとさらに人気が出るかもしれない。


外観からは、普通のスライドドアに見えるが、構造的にはスライドするレールがないため、ヒンジ位置をCピラーに移設したアーム回転式ドアと呼んだ方が正確かもしれない。

車内へのアーム等の張り出しは最小限に抑えられており、説明員によると乗車定員に影響することなく、後席を使うことができるとのことであった。

そうは言っても、側面衝突時にアームが乗員に当たる恐れがあり、なるべくスライドドア側の席は使わない方がよさそうだ。


インテリアは一見すると、ノーマル仕様のように見えるが、「KIVI スマートコントロールシステム」(アクセルリングとブレーキレバー)が装着されている。

アクセルリングは押すことでアクセルを操作、ブレーキレバーは押すことでフットブレーキを操作できるようになっている。

エクステリアもそうであったが、インテリアもベースモデルのデザイン性の良さを活かしつつ、福祉車両にカスタマイズできる点がうれしい。

車両は自分の所有車を持ち込むことができる他、ディーラーも備えているとのことなので、新車購入と同時にカスタマイズしてもらうこともできる。

限られた福祉車両の中から選ぶのではなく、お気に入りの輸入車を自分仕様にカスタマイズしたいユーザーは、オフィス清水に相談してみるとよいだろう。


MINI 公式サイト
http://www.mini.jp/

オフィス清水 公式サイト

http://www.officeshimizu.jp/

KIVI ガスリング・プロダクトムービー