【ビデオ】電動モペッド「Bolt M-1」、クラウドファンディングで順調に資金を調達中!
Related Gallery:Bolt Motorbikes M-1 electric moped

以前ご紹介した電動モペッド(ペダル付き原動機付き自転車)の「Bolt M-1」が、クラウドファンディング・サイト『Indiegogo』に登場した。その反響の大きさをみると、このモペッドを気に入ったのは我々だけではないようだ。登場初日にして、支援金の目標達成額20万ドル(約2,400万円)の半分を超える13万3,000ドル(約1,600万円)を集め、26台の注文を受けたという(ただし、おそらく数台は事前に入っていた注文と予想される)。

Bolt M-1は、新たなホームとなる米カリフォルニア州サンフランシスコの南に位置するブリズベーンで、初期生産分としてまず100台が作られる予定となっている。価格は5,495ドル(約66万円:送料別)からだが、早期注文者には4,995ドル(約60万円)で提供される。当初設定した25台がすぐに売れ切れとなったため、現在10台が追加募集中だ。デリバリーは2016年3月から10月を予定しているが、それよりも早く欲しいという人は特別価格6,495ドル(約78万円)を払えば、1月から3月の間に優先納車が約束される。

このモペッドのスペックも改めて紹介しておこう。最高速度は米国における電動アシスト自転車の規制により20mph(約32km/h)以下に制限され、航続距離は50マイル(約80km)。ただし市街地では30~35マイル(約48~56km)程度となるそうだ。公道以外の場所で走行する場合にはスポーツ・モードに切り替えれば、40mph(約64km/h)の速度が出るという。バッテリーは取り外し可能で、充電のため室内に持ち込めるように設計されており、必要ならば5時間でフル充電が完了する。Bluetoothでスマートフォンに接続し、アプリを使って車両の情報を見ることもでき、ソフトウェアのアップデートも可能になる。

それでは早速、下のビデオでBolt M-1の走る姿をご覧いただきたい。詳細を知りたい方は公式サイトを、是非とも1台欲しいという方、あるいはBoltのロゴ入りTシャツが欲しいという方は、Indiegogoのページをチェックしよう。





By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー