トヨタ、2020年頃の実用化を目指す自動運転車のデモ走行映像を公開
Related Gallery:Lexus GS Toyota Highway Teammate Concept

既にテスラオートパイロット・システム(自動運転機能)を一部の「モデルS」に搭載しているように、自動車メーカー各社による、公道におけるより高度な自動運転技術の開発競争が、ますます熾烈になって来ている。世界最大手自動車メーカーの1つであるトヨタが、この競争に加わることは当然の成り行きと言えるだろう。同社は2020年頃をめどに、ドライバーがほとんど操作せずに高速道路を自動走行する車両の実用化を目指している。そして先日、レクサス「GS」をベースに改造された自動運転実験車両「Highway teammate」のデモ走行が実施され、その可能性が明らかになった。

このシステムは、車両に搭載されたミリ波レーダー、「SPAD LIDAR(車載用イメージングレーザーレーダー)」、カメラの組み合わせによって周囲の状況を認識し、ソフトウェアがそれらの情報を処理して判断を行う。そうすることで結果的に人の手による操作なしで高速道路を運転することができるというものだ。これにより自動車専用道路でのジャンクションの分流、その後の合流、出口に向けたレーンチェンジ、車線・車間維持などが、安全かつ、スムースに実現するという。自車両の位置を把握するのに高精度地図情報が必要となるため、現在のところは首都高速道路でのテストドライブに留まっている。

「Highway teammate」という名前が良いかどうかは疑問だが、少なくともトヨタが考える技術には合致した名前だろう。同社は人口知能の分野に約60億円を投じているが、これはあくまでドライバーの安全支援のためであり、完全な無人走行を目的とするものではない。それではさっそく走行の様子を映像でご覧いただこう。深刻なトーンのナレーターが語る2本目の映像では、通信システムが完全に整備されたトヨタの考える未来が描かれている。






By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー